中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.19 04:58

【秋華賞】表彰式が再開 ノルマンディー岡田代表「見守るのみでした」

デアリングタクトを所有する(株)ノルマンディーサラブレッドレーシングの岡田将一代表(中央)

デアリングタクトを所有する(株)ノルマンディーサラブレッドレーシングの岡田将一代表(中央)【拡大】

 史上初の無敗の3冠牝馬誕生。その瞬間を現地で見届け、今回から再開された口取り式と表彰式に臨んだ(株)ノルマンディーサラブレッドレーシングの岡田将一代表(41)は「この馬のレースを生で見たのは初めて。4コーナーで『手応えがあるな』と思った後は正直、覚えていません。声も出ず、見守るのみでした」と振り返った。今後は未定で「海外(挑戦)に関しても、いつかは声が出てくると思いますが、国内にも強い馬はたくさんいますから」と、まずは年長馬との対戦を見据えた。

 生産者である長谷川牧場(北海道日高町)の長谷川文雄社長(69)も電話取材に歓喜の声を届けた。「ひやひやしました。馬も興奮していたかもしれないけど、人も興奮しました。強かったです」と力走した愛馬をたたえつつ、「これからは挑戦者。小さい牧場にもチャンスはあるんだと見せられましたから」とさらなる飛躍を誓った。デアリングタクトの母デアリングバードは今春に父ドレフォンの牝馬を出産。今年は種付けせず、来春はタクトと同じ父エピファネイアを交配する予定だ。

★18日京都11R「秋華賞」の着順&払戻金はこちら