中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.18 19:20

【秋華賞】ソフトフルートが激しい3着争い制す 藤岡康「スタートが悔やまれる」

秋華賞で3着に敗れたソフトフルート

秋華賞で3着に敗れたソフトフルート【拡大】

 10月18日の京都11Rで行われた第25回秋華賞(3歳オープン、牝馬、馬齢、GI、芝2000メートル、18頭立て、1着賞金=1億円)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気デアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎)が直線抜け出し、史上初となる無敗での牝馬3冠制覇を果たした。タイムは2分00秒6(稍重)。

 「6分の4」の抽選を突破してGIの舞台に立ったソフトフルートがパラスアテナとの激しい3着争いをハナ差制した。伸び上がるようなスタートを切り、最後方からのレースを強いられるも、直線では上位2頭を上回る上がり最速35秒7の末脚を発揮した。

 ◆藤岡康太騎手「ゲートをうまく出せなかったのが悔やまれます。切り替えてじっくり乗りましたが、長くいい脚を使ってくれただけに、余計にスタートが悔やまれます」

 

★【秋華賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載