中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.7 04:56

凱旋門賞馬ソットサス引退

 4日の凱旋門賞を制したソットサス(フランス産、仏=J・Cルジェ、牡4、父シユーニ)がこのまま現役を引退し、種牡馬入りすることが6日、分かった。英レーシングポスト紙が電子版で報じている。

 昨年のフランスダービー馬でもあるソットサスは、今年6月のガネー賞で2度目のGI制覇。凱旋門賞では昨年3着の雪辱を果たして自身3度目のGIタイトルを手にした。レース後は米国に遠征してBCターフにチャレンジするプランもあったが、オーナーサイドが引退を決断。今後はアイルランドのクールモアスタッドで種牡馬となる。