中央競馬:ニュース中央競馬

2020.9.14 05:00

【産経賞セントウルS】ダノンスマッシュ重賞V6!

重賞6勝目を挙げたダノンスマッシュ。スプリンターズSで悲願のGI初制覇を狙う(撮影・安部光翁)

重賞6勝目を挙げたダノンスマッシュ。スプリンターズSで悲願のGI初制覇を狙う(撮影・安部光翁)【拡大】

 サマースプリントシリーズ最終戦の産経賞セントウルSが13日、中京競馬場で17頭によって争われ、1番人気のダノンスマッシュが好位から抜け出して重賞6勝目を挙げた。優先出走権を得た次走のスプリンターズS(10月4日、中山、GI、芝1200メートル)へ弾みをつけた。12番人気のメイショウグロッケが2着、2番人気のミスターメロディが3着。同シリーズはレッドアンシェルが優勝した。

 悲願のGI制覇へ向けて、好発進を決めた。1番人気のダノンスマッシュが、好位から直線で突き抜けて重賞6勝目をマーク。完勝と言える内容に、前走の安田記念8着に続いて騎乗した三浦騎手は笑みを浮かべた。

 「難しい馬場でしたがいろいろ考えるより、ゲートを出てから馬を信じて乗ろうと決めていました。位置を取った瞬間に、馬の気持ちで早め先頭も考えましたし、途中からは思い描いていた通りの運びでした」

 今春のGI・高松宮記念で10着に終わった中京の芝6ハロン戦。スタートを決めて4番手を手応えよく追走すると、直線は徐々に差を詰め残り200メートル付近で先頭へ。鞍上の右ムチに応えて、力強い末脚で押し切った。

 中山競馬場でレースぶりを見届けた安田隆調教師は、「スタートも道中のポジションも良かった。最後もしっかり抜け出して、完璧。前哨戦としては文句なし」と満足げだ。

 これで芝1200メートル以下の“スプリント重賞”は現役最多、父ロードカナロア(7勝)に次ぐ歴代2位タイの5勝目。次走のスプリンターズSへ弾みをつけた。

 「学習能力が高いので1400、1600メートルを使ったことが道中のゆとりにつながったと思います。春を越えて馬も成長してくれた。力はあるので無事にいってほしい」と三浦騎手が期待を込めれば、「ここで結果を出せないようならGIなんて言っていられない。これで堂々と本番に向かえます」とトレーナーも胸を張った。

 GIは7度出走して昨年のスプリンターズS3着が最高。今度こそGIの壁を乗り越えて、短距離界の頂点を奪う。(渡部陽之助)

★13日中京11R「産経賞セントウルS」の着順&払戻金はこちら

 ■ダノンスマッシュ 父ロードカナロア、母スピニングワイルドキャット、母の父ハードスパン。鹿毛の牡5歳。栗東・安田隆行厩舎所属。北海道新ひだか町・ケイアイファームの生産馬。馬主は(株)ダノックス。戦績20戦9勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金3億9755万9000円(すべて国内)。重賞は2018年GIII京阪杯、19年GIIIシルクロードS、GIIIキーンランドC、20年GIII夕刊フジ賞オーシャンS、GII京王杯SCに次いで6勝目。産経賞セントウルSは安田隆行調教師が10年ダッシャーゴーゴーに次いで2勝目、三浦皇成騎手は初勝利。馬名は「冠名+打ち砕く。相手を打ち砕く強烈な走りを期待して」。

 ○…重賞1日2勝 同一調教師によるJRA重賞レースの1日2勝は、2017年2月5日の音無秀孝調教師(東京新聞杯=ブラックスピネル、きさらぎ賞=アメリカズカップ)以来15人目、延べ18回目。安田隆調教師は初めて。

関連

  • 産経賞セントウルSを制して会見に応じる三浦皇成騎手