中央競馬:ニュース中央競馬

2020.9.8 15:47

Deep開発者の「新潟記念」回顧&「セントウルS」展望

 6日の新潟記念は、2番人気のブラヴァスがゴール寸前で差し切り。重賞初Vとなりました。

 最初の1000m通過が1分1秒9と、最終週の馬場を考えても緩い流れ。それを察知して途中から逃げる形をとったジナンボーですら上がり3ハロンが33秒1ですから、まさにドスローでした。そんな短いスパンでの脚力くらべを制したように、ブラヴァスはマイルが向くかもしれません。母ヴィルシーナはヴィクトリアマイルを連覇しましたし、NHKマイルCをレコード勝ちしたダノンシャンティらもいるように、東京のGIでめっぽう強い母系です。来年の安田記念あたりに出てくるようなことがあれば、おもしろいと思います。

 ところで、ブラヴァスはD指数が1位でした。

 先週はこのレースだけでなく札幌2歳S、小倉2歳Sと重賞3つすべてで、D指数1位の馬が勝利と絶好調です。D指数は自分が企画し、回収率がなるべく高くなるように計算式を練りに練って、プログラムも自分で作りました。今年の4月にDeepの予想モードで公開を始めましたが、なかでも金色のD指数はいまだに単勝回収率が100%を超えています。馬券がさっぱり当たらない今の自分にとっては唯一の自慢です…。

D指数について詳しくはこちらへ

 今週の日曜(13日)はGIIのセントウルSが行われます。

セントウルSの特別登録馬柱(想定騎手入り)はこちら

 今年は中京競馬場での開催。ということでシンプルにサウスポーを探すところから入りました。

 本命はミスターメロディ。左回りの方が、右回りと比べて明らかに好走率が高く、実力的にも上位です。休み明けで結果が出ていない点だけは気がかりですが、同じく久々の実戦だった前走の安田記念は距離が長かったこと、昨年のこのレースは別定58キロを背負い外枠から出負けしたことが敗因だと思います。間隔があいても得意の舞台なら問題ないでしょう。(カスタマイズ馬柱Deep開発チーム・岡本)

Deepの使い方や有料サービスの内容はこちら
Deep開発チームの公式ツイッターはこちら