中央競馬:ニュース中央競馬

2020.9.5 18:31

【札幌2歳S】ユーバーレーベンが上がり最速で2着 戸崎圭「おおざっぱな競馬でも頑張ってくれました」

札幌2歳Sで2着に敗れたユーバーレーベン

札幌2歳Sで2着に敗れたユーバーレーベン【拡大】

 9月5日の札幌11Rで行われた第55回札幌2歳ステークス(2歳オープン、GIII、芝1800メートル、馬齢、14頭立て、1着賞金=3100万円)は、吉田隼人騎手騎乗の2番人気ソダシ(牝、栗東・須貝尚介厩舎)が直線で早め先頭に立つとそのまま押し切ってゴール。デビューから2連勝で白毛馬による芝の重賞初制覇を果たした。タイムは1分48秒2(良)のレコード。

 6月の東京でデビュー勝ちを飾って以来のレースとなったユーバーレーベン。5番人気で迎えたこのレースでは最後方追走から向こう正面で一気にまくり上げ、先頭集団の外に並びかけて直線に向かうと、先に抜け出した勝ち馬をメンバー最速となる36秒6の末脚で一完歩ごとに追い詰めるも、クビ差及ばず2着に惜敗した。

 戸崎圭太騎手「まだオンとオフの切り替えが上手ではなくて、オフのときに流れへ乗れないですね。そんな組み立てが難しいなか、おおざっぱな競馬でも頑張ってくれました。気性面が成長すれば、もっとやれると思います」

★5日札幌11R「札幌2歳S」の払い戻し&着順