中央競馬:ニュース中央競馬

2020.8.2 13:34

【札幌5R・新馬】米国産馬バニシングポイントが後続突き放してV

後続を楽々突き放す余裕の逃げ切り勝ちを収めたバニシングポイント

後続を楽々突き放す余裕の逃げ切り勝ちを収めたバニシングポイント【拡大】

 8月2日の札幌5R・2歳新馬(芝2000メートル)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気バニシングポイント(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)が先手を奪ってマイペースに持ち込み、そのまま後続を突き放してデビュー勝ちを果たした。タイムは2分02秒4(良)。

 7馬身差の2着にはフォルテデイマルミ(2番人気)、さらに4馬身差遅れた3着にタスマンハイウェイ(3番人気)が続いた。

 バニシングポイントは、父タピット、母アンライヴァルドベル、母の父アンブライドルズソングという血統の米国産馬。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 バニシングポイント)「ビッグベイビーです。道中はよく手前を替えていたし、トモがまだ緩いけど、能力はありそうです。物見をしていましたが、3、4コーナーから長い脚で加速して反応してくれました。距離はこれくらいがいいですね」

★2日札幌5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら