中央競馬:ニュース中央競馬

2020.7.31 04:55

【注目この新馬】アカイトリノムスメ

アカイトリノムスメ

アカイトリノムスメ【拡大】

 今週は新潟と札幌で計5鞍の新馬戦が組まれている。日曜新潟5R(芝1600メートル)には、GI5勝馬アパパネの4番子アカイトリノムスメがスタンバイ。父は昨年7月30日に死んだディープインパクトで、父母合わせてGI12勝という超良血馬だ。

 ◇

 父ディープインパクト、母アパパネ。両親とも3冠馬という究極配合のアカイトリノムスメがいよいよ初舞台を踏む。

 重賞で活躍するジナンボーなど同配合の兄が3頭いるが、母の4番子にして初めての牝馬。馬体は素軽くすっきりとした父似のフォルムだ。アパパネも管理した国枝調教師は「マッチョだった母とは違うかな。シャープな馬体だね。牝馬に出たぶん反応がいい。アパパネ(新馬戦3着)の最初はまだ目覚めていなかったけど、こちらは気持ちが入っている。前向きだよね。(末脚も)切れると思う」と印象を語る。

 調教でも素質あふれる動きを披露している。先週22日の美浦Wコースでは3頭併せの真ん中に入って余裕の手応えで5ハロン67秒9-12秒4をマーク。戸崎騎手は「体のサイズが小さくなったぶん、上(兄モクレレ)より器用さもありそう。いいバネも持っています」と好感触を抱く。

 父ディープインパクトが天へ旅立って30日で1年がたった。同じく昨年死んだ母の父キングカメハメハの命日は8月9日。このタイミングでのデビューもドラマチックだ。多くの夢と期待を背負って、アカイトリノムスメが飛び立つ。(板津雄志)