中央競馬:ニュース中央競馬

2020.7.2 04:43

【七夕賞】クレッシェンドラヴW馬なり5F64秒0

クレッシェンドラヴ=美浦トレーニングセンター

クレッシェンドラヴ=美浦トレーニングセンター【拡大】

 《美浦》昨年の福島記念1着クレッシェンドラヴ(林、牡6)は、Wコースを馬なりで5ハロン64秒0-12秒5。内田騎手は「ハロー明けで走りやすかったが、いい時計が出ているね。しっかりと負荷が掛かっているし、動きは先週よりも素軽くなっている。福島は実績もあるからね」と語った。

 福島民報杯1着マイネルサーパス(高木、牡4)は、Wコースの併せ馬で5ハロン66秒9-12秒2。一杯に追われてニシノデイジー(OP)と併入した。「稽古は順調にこなしています。福島には実績があるし、とぼけさせないように走らせてくれれば」と高木調教師。

 メトロポリタンS2着バレリオ(相沢、牡5)は、Wコースの併せ馬で6ハロン81秒3-12秒6。一杯に追われて1馬身半遅れた。津村騎手は「稽古で動くタイプではない。少し重めだけど、いつもより硬さはまし」と説明した。

 芝に戻るパッシングスルー(黒岩、牝4)は、Wコースの3頭併せで5ハロン65秒9-12秒4。最内から馬なりで併入した。「しっかり追えているし、中身は重くない。暖かくなって体の使い方も良くなってきた」と黒岩調教師。