中央競馬:ニュース中央競馬

2020.7.1 04:59

【CBC賞】ミッキースピリット、夏の新星だ

3連勝中と成長著しいミッキースピリット。勢いに乗って重賞初制覇を狙う

3連勝中と成長著しいミッキースピリット。勢いに乗って重賞初制覇を狙う【拡大】

 今週から本格的に夏競馬がスタート。開幕を告げるサマースプリントシリーズ第2戦のCBC賞は、京都競馬場改修工事の影響で開催日程が変更され、今年は阪神競馬場で行われる。3連勝中で重賞初制覇を狙うミッキースピリットに注目。松若風馬騎手(24)=栗・音無=も、充実一途の相棒に大きな期待を寄せている。

 昭和から語り継がれる格言は、令和でも有益だ。『夏は格より勢い』。それにぴったり当てはまるのが、メンバーでただ一頭、3連勝中のミッキースピリットだ。しとしと雨が降り続ける全休日明けの栗東トレセンで、音無調教師は控えめながら期待をにじませた。

 「3連勝はしているけど、ここからがどうかだろう。相手も強くなるからね。力はつけているので、ここが今後への試金石。どれだけやれるか」

 昨年まではわずか1勝だったが、今年から1200メートル路線に転じて軌道に乗った。2月に一昨年12月以来の2勝目を挙げると、5月に鷹ヶ峰特別(2勝クラス)、朱雀S(3勝クラス)と条件戦を3連勝。オープン入りを果たした。過去5年のこのレースは、中9週以内の前走勝ち馬が4勝していて、勢いは見逃せないVサインだ。

 また、主戦の松若騎手は「フォームのバランスが良くなりました。以前は前のめりの感じだったけど、体を起こして走れるようになって、トモを使えるようになりました。本当に充実していて、調子もいいですね」と、今春に覚醒したわけを証言する。

 その鞍上にはこの夏に期するものがある。高松宮記念を自厩舎のモズスーパーフレアで制し、デビュー7年目で初のGI勝利。上半期はリーディング20位の26勝も、満足できなかった。「波に乗り切れなかったですね。暑いのは好きなので、去年のように夏競馬でリズムよく勝ちたいです」。昨年は上半期で17勝ながら、夏は10週で19勝(期間中では8位)をマーク。今年も“夏男”ぶりを発揮するつもりだ。

 松若騎手は「阪神は走り慣れているコース。馬場が渋るのは良くないけど、本当に楽しみですよ」と力を込めた。この後はひと息入れる予定で、ここに全力勝負。春のスプリント界を制した音無厩舎&松若騎手のタッグが、今度は新星を誕生させる。(川端亮平)

★CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載