中央競馬:ニュース中央競馬

2020.6.23 12:05

【宝塚記念】レースの注目点(1/2ページ)

ファン投票2位のラッキーライラック

ファン投票2位のラッキーライラック【拡大】

★上半期の総決算・宝塚記念GI馬8頭を含む18頭が登録

 今年の宝塚記念には、ファン投票1位アーモンドアイの登録こそないが、ファン投票2位のラッキーライラック(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)、同3位のサートゥルナーリア(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)、同6位のクロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)などGI馬8頭を含む18頭が登録している。グレード制が導入された1984年以降の宝塚記念で、GI馬が最も多く出走したのは1989年、2007年の7頭で、今回登録のある8頭のGI馬すべてが出走すれば、宝塚記念におけるGI馬の最多出走頭数記録を更新することになる。果たして、豪華なメンバーが揃った今年の宝塚記念を制すのはどの馬だろうか。なお、過去の宝塚記念の結果を見ると、出走馬中ファン投票最上位馬は23勝、2着16回で、勝率.383、連対率.650という成績を残している。

★牝馬の活躍が目立つ上半期のJRA・GI 宝塚記念には大阪杯ワンツーの牝馬2頭が登録

 今年の牡牝混合GIレースでは、牝馬の活躍が目立っており、高松宮記念、大阪杯、安田記念の3レースで牝馬がワンツーフィニッシュを決めている。宝塚記念には、大阪杯1着のラッキーライラック(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)、同2着のクロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が登録しているが、大阪杯に続いて牡馬を相手に好走することができるかどうか。グレード制が導入された1984年以降、牡牝混合のGIで牝馬が年間4勝を挙げれば、2008年(5勝)以来12年ぶり2回目となる。なお、ラッキーライラックは牡牝混合戦で4戦1勝、2着3回、クロノジェネシスは4戦3勝、2着1回でどちらも連対率100%を記録している。

★今年の登録馬中、最多のGI3勝 GI連勝を狙うラッキーライラック

 ラッキーライラック(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)は、今年の宝塚記念登録馬中、最多のGI3勝を挙げている。同馬は、2017年に阪神JFを制し、JRA賞最優秀2歳牝馬を受賞。3歳春以降は勝星から遠ざかった期間もあったが、昨年11月のエリザベス女王杯で2度目のGI制覇を果たし、前走の大阪杯でGI3勝目を挙げている。グレード制が導入された1984年以降、JRA賞最優秀2歳牝馬を受賞した馬が5歳時にGI2勝を挙げれば、2009年のウオッカ(5歳時にGI3勝)以来2頭目となるが、ラッキーライラックはGI連勝を遂げることができるかどうか。同馬には引き続きM.デムーロ騎手が騎乗予定。なお、宝塚記念では2014年から5歳馬が6連勝中だ。

★金鯱賞以来、約3力月半ぶりの出走 昨年の皐月賞馬サートゥルナーリア

 昨年の皐月賞馬サートゥルナーリア(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)が、GI3勝目を目指す。同馬は昨年、皐月賞優勝の他にも、神戸新聞杯1着、有馬記念2着などの成績を残し、JRA賞最優秀3歳牡馬を受賞した。サートゥルナーリアは今年初戦の金鯱賞を制し、今回は同レース以来約3力月半ぶりの出走となる。前走から3力月以上出走間隔が空いた時の同馬の成績は3戦3勝だが、今回も好成績を残すことができるかどうか。ちなみに、前年の有馬記念で2着だった4歳馬はグレード制が導入された1984年以降の宝塚記念に5頭が出走して3勝、2着1回、3着1回という成績を残している。

 また、サートゥルナーリアに騎乗予定のC.ルメール騎手には、今年4回目のJRA・GI制覇がかかる。グレード制が導入された1984年以降、上半期だけでJRA・GI4勝を挙げたのは、武豊騎手(2回)、安藤勝己元騎手、福永祐一騎手の3名だが、ルメール騎手は宝塚記念初勝利を挙げ、この記録に並ぶことができるかどうか。

★昨年の宝塚記念では逃げて2着 復活を期す2017年の菊花賞馬キセキ

 キセキ(牡6歳、栗東・角居勝彦厩舎)は、2017年の菊花賞優勝以降14連敗中だが、その間にGIで2着が3回、3着が1回あり、昨年の宝塚記念では逃げて2着に入っている。キセキには、前走の天皇賞(春)6着に続き武豊騎手が騎乗する予定だが、2度目のコンビとなる今回はどのような戦法で臨むだろうか。Vなら、菊花賞以来2年8力月5日という長い勝利間隔でのGI制覇となる。

 なお、キセキを管理する角居勝彦調教師は、宝塚記念で3度の2着があるが、まだ優勝経験はない。同調教師はサートゥルナーリア(牡4歳)、トーセンカンビーナ(牡4歳)との“3頭出し”で今年の宝塚記念に臨む予定だが、同レース初制覇を遂げることができるかどうか。

★史上15頭目の宝塚&有馬制覇なるか 大阪杯7着からの巻き返し狙うブラストワンピース

 2018年の有馬記念勝馬ブラストワンピース(牡5歳、美浦・大竹正博厩舎)が、史上15頭目の宝塚記念&有馬記念双方制覇に挑む。同馬は今年初戦のアメリカJCCを勝ったが、前走の大阪杯では7着に敗れており、宝塚記念で巻き返しなるか注目されるところだ。Vなら、同年のアメリカJCC勝馬の宝塚記念制覇は、1979年サクラショウリ以来41年ぶり3頭目、ブラストワンピースに騎乗予定の川田将雅騎手は、2014年から7年連続のJRA・GI制覇となる。

【続きを読む】