中央競馬:ニュース中央競馬

2020.6.2 02:00

Deep開発者の「ダービー」回顧&「安田記念」展望

Deep開発者の「ダービー」回顧&「安田記念」展望

Deep開発者の「ダービー」回顧&「安田記念」展望【拡大】

 5月31日の日本ダービーは、圧倒的1番人気のコントレイルがV。父ディープインパクト以来となる無敗での2冠を達成しました。

 序盤こそスローでしたが、それを察知した横山典弘騎手のマイラプソディが早めのまくり。生涯一度の舞台ですから、他のレースにも増して、勝つ可能性のある乗り方をするのが騎手の務め。ベテランらしい好騎乗だったと思います。その結果、全体的には締まった流れとなり、強い馬が強い勝ち方をする、すばらしいレースでした。

 競馬の祭典ということで、Deepの予想モードも大にぎわい。トラックマンや競馬記者に限らず、普段はデータ分析に徹している内勤の予想家なども参加したため、「印の分布」ではほぼ最大値である102人の予想印が反映されました。

 そのうちコントレイルを本命としたのは、ちょうど半数の51人。穴狙いの予想家も多いので、この数は圧巻です。ダービーでこれだけの支持を集め、それに応える、コントレイルは本当の名馬だと思います。

 7日には、東京競馬5週連続GIのフィナーレ・安田記念が行われます。

安田記念の特別登録馬柱(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 注目はなんと言っても、日本記録となる芝GI8勝目を狙うアーモンドアイです。

 実力最上位はほぼ証明済み。これほどの馬が中途半端な体調で出てくることもないはず。要は展開だけでしょう。アエロリットが引退し、今のマイル界には確たる“けん引役”が不在ですが、今回はスプリント路線から本格的な先行タイプが参戦。淀みないペースになりそうです。また、出走予定馬が少ない分さばきやすく、差し馬には好都合。新記録を期待せずにはいられません。(カスタマイズ馬柱Deep開発チーム・岡本)

Deepの使い方や有料サービスの内容はこちら
Deep開発チームの公式ツイッターはこちら