中央競馬:ニュース中央競馬

2020.5.26 01:14

Deep開発者の「オークス」回顧&「ダービー」展望

Deep開発者の「オークス」回顧&「ダービー」展望

Deep開発者の「オークス」回顧&「ダービー」展望【拡大】

 24日のオークスは1番人気のデアリングタクトが勝ち、無敗で牝馬2冠を達成しました。

 デアリングタクトにとっては非常に厳しいレースでした。まず、序盤から中盤にかけては何度も他馬とぶつかるシーンがありました。並みの馬ならヒートアップして、つぶれてしまうところですが、何とかこらえたという感じ。そして、最初の1000mはやや速い流れだったものの、その後の3ハロンでかなり緩んだため、結果的にはヨーイドンの切れ味勝負。後方勢には苦しい展開となりました。さらに、直線の勝負どころでは完全に前がふさがり、進路を切り替えるロス。完全に負けパターンでしたが、道ができた途端、矢のような伸びを見せ、ゴール寸前でみごとに差し切りました。


※Deepの結果モードでは騎手コメントも表示されます

 レース後に思い出したのですが、デアリングタクトのことを「今は耐えるとき」と言っている方がいました。サンスポコムで読んだムンロ王子さんの占いです。

ムンロ王子のオークス占いはこちら

 占いにもいろいろあると思いますが、ざっくり言うと、経験則をもとに運気や調子の波が今どんな状態にあるのかを割り出す分野、だと思います。自分は理屈っぽいと言われることが多いのですが、そういうリズムという物を大切にしていることもあり、占いに対して否定的な考えを持ったことはありませんでした。

 とはいえ、これほどまで的確に運気をあぶり出すとは驚き。予想はともかく、「デアリングタクトは試練のとき」という占いは大的中といえます。ただただ、馬が強すぎたということでしょう。

 今週はいよいよダービーです!

日本ダービーの特別登録馬柱(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 いつもなら必死に穴馬を探すのですが、皐月賞を見ると、その気も失せてしまいます。中山は不向きと考えたコントレイルとサリオスが他を離してのワンツー。あそこから計るに、東京でこの2頭を逆転するのは相当難しいように思います。とはいえ、この2頭のどちらが上位なのかも超難題。

 競馬の格言で「皐月賞は最も速い馬が勝つ、ダービーは最も運のある馬が勝つ、菊花賞は最も強い馬が勝つ」というものがあります。運が向いた方が勝つのであれば、今回こそムンロ王子さんの本当の出番かもしれませんね。(カスタマイズ馬柱Deep開発チーム・岡本)

Deepの使い方や有料サービスの内容はこちら
Deep開発チームの公式ツイッターはこちら