中央競馬:ニュース中央競馬

2020.5.25 04:57

【オークス】63年ぶり!デアリングタクト無敗2冠

直線で鋭く末脚を伸ばしたデアリングタクト(右)がゴール前でウインマリリンをとらえ、無敗で牝馬2冠を達成した

直線で鋭く末脚を伸ばしたデアリングタクト(右)がゴール前でウインマリリンをとらえ、無敗で牝馬2冠を達成した【拡大】

 63年ぶりの快挙だ。3歳最強牝馬を決めるオークスが24日、東京競馬場で18頭によって争われ、松山騎乗で単勝1・6倍の断然人気に推されたデアリングタクトが、直線で鮮やかに抜け出して快勝。通算成績を4戦4勝とし、1957年ミスオンワード以来2頭目となる無敗での牝馬クラシック2冠を達成した。2着は7番人気のウインマリリン、3着には13番人気のウインマイティーが入った。

 ◇

 静寂に包まれたウイニングランで、勝利をかみしめた。デアリングタクトが桜花賞に続く完勝。松山騎手が、無人のスタンドを前に小さくガッツポーズをつくった。

 「僕自身、(GIで)初めての1番人気。多くの人の期待に応えたいと思っていました。ホッとしました」

 (4)番枠から好スタートを決めたが、最初のコーナーで外の馬に押され、ポジションを下げざるを得なかった。直線でも外に持ち出すことができず、中に切り替えるロス。それでも前があいてから、目の覚める豪脚を繰り出して差し切った。

 「1~2コーナーで狭くなったり、ぶつかったりしましたが、あそこで突っ張るより、ひとつ下げて脚をためることに専念しました。馬の力に助けられましたね」と鞍上は相棒に感謝だ。

 1957年のミスオンワード以来、63年ぶりとなる無敗での牝馬2冠。陣営にとって、一度はあきらめかけた夢だった。前走、重馬場の桜花賞(4月12日)を直線一気で快勝。その疲れで、デアリングはゲッソリとやせてしまった。15日に栗東近くへ放牧。その後、オークスに加えて日本ダービーにも登録する話が浮上したが、これも回復までの日数を“1週間でも多く稼ぐ”ため。杉山晴調教師は「トレセンに戻すけど、オークスはたぶん使いませんよ」と打ち明けるほど、一度は覚悟を決めた。

 しかし、月末に帰厩した後はカイバ食いが戻り、馬体も回復。またがった松山騎手が「乗り味が変わった」と驚くほどの変わり身を見せ、無傷で2冠達成。トレーナーは「自分の手元を離れましたね。ファンの、みんなの馬になりました」と目尻を下げた。

 今後については「まずは疲れを取って、3冠目に向けてどう立ち上げていくか、オーナーと相談です」と秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)で史上初となる無敗での牝馬3冠を目指すと宣言。松山騎手も「秋にはさらに楽しみが増えますし、さらに注目される。それに応えていきたいし、自分がそこにいられるように精進していきたい」と結んだ。

 大胆な末脚を武器に、歴史的名牝への階段を駆け上がっていく。(柴田章利)

★24日東京11R「オークス」の着順&払戻金はこちら

■デアリングタクト 父エピファネイア、母デアリングバード、母の父キングカメハメハ。青鹿毛の牝3歳。栗東・杉山晴紀厩舎所属。北海道日高町・長谷川牧場の生産馬。馬主は(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング。戦績4戦4勝。獲得賞金2億9389万1000円。重賞は2020年桜花賞に次いで2勝目。オークスは杉山晴紀調教師、松山弘平騎手ともに初勝利。馬名は「大胆な+Tactics(戦法)より。大胆な戦法。父、母名より連想」。

★無敗のオークス馬&最少キャリア優勝…無敗のオークス馬誕生は2019年(ラヴズオンリーユー)に続く2年連続で6頭目。4戦目での優勝は06年(カワカミプリンセス)、19年(ラヴズオンリーユー)に並ぶ最少キャリア。
★松山弘平騎手…3回目の挑戦で初勝利。これまでの最高は13年フロアクラフトの5着。JRA・GIは桜花賞に続く今年2勝目で通算3勝目。
★杉山晴紀調教師…初挑戦で初勝利。JRA・GIは桜花賞に続く今年2勝目で通算3勝目。
★エピファネイア産駒…初出走でV。JRA・GI、JRA重賞ともに桜花賞(デアリングタクト)に続く2勝目。
★新種牡馬産駒のオークス制覇…グレード制を導入した1984年以降では、2018年アーモンドアイ(父ロードカナロア)以来、2年ぶり8回目。
★馬主・(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング…所有馬初出走でV。JRA・GIは桜花賞に続く2勝目。JRA重賞は桜花賞に続く今年2勝目で通算4勝目。
★生産牧場・長谷川牧場…初出走でV。JRA・GIは桜花賞に続いて通算2勝目。JRA重賞も桜花賞に続く勝利で、通算3勝目。
★ヴェルメイユ賞への優先出走権…1着デアリングタクト、2着ウインマリリン、3着ウインマイティーにはフランスのパリロンシャン競馬場で開催されるGIヴェルメイユ賞(9月13日、芝2400メートル)への優先出走権が付与される。