中央競馬:ニュース中央競馬

2020.5.24 19:20

【オークス】3番人気のクラヴァシュドールは15着 Mデムーロ「これまでにない硬い馬場を気にしていた」

オークスで15着に敗れたクラヴァシュドール 

オークスで15着に敗れたクラヴァシュドール 【拡大】

 5月24日の東京11Rで行われた第81回オークス(3歳オープン、牝馬、GI、芝2400メートル、定量、18頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気デアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎)が、後方待機策から直線で弾けるように伸びて馬群をさばき快勝。初の左回りや距離延長、長距離輸送など難なく克服し2冠達成した。

 道中3番手のインでレースを進めた3番人気のクラヴァシュドールは、3~4コーナー手前から仕掛けていって直線入り口では2番手に浮上。直線で押し切りを狙ったが、伸びを欠いて15着に大敗した。

 ミルコ・デムーロ騎手「抜群の手応えで直線に向けたが、直線では伸びなかった。これまでにない硬い馬場を気にしていたみたいで、そのあたりが影響したのかな」

★24日東京11R「オークス」の着順&払戻金はこちら