中央競馬:ニュース中央競馬

2020.5.23 04:55

【俺のチェックポイント】府中で反撃!マジックキャッスル

上昇気配のマジックキャッスル。片岡記者は△から★へ評価を上げた

上昇気配のマジックキャッスル。片岡記者は△から★へ評価を上げた【拡大】

 GI出走馬の気になる点を関係者に取材する連載「俺のチェックポイント」。オークスの5日目を担当する東京サンスポの片岡良典記者は、美浦・国枝厩舎のマジックキャッスルに注目した。桜花賞12着からの逆襲はあるのか。その可能性を探る。

 ◇

 前走の桜花賞の結果から、マジックキャッスルは大きく評価を下げている。はたしてあの一戦だけで判断していいのだろうか。ファンタジーSでレシステンシアの2着、クイーンCではミヤマザクラの2着に入った実績がある。桜花賞で惨敗しなければ、ここまでノーマークになる馬ではないだろう。前走の敗因、桜花賞時との気配の違いなどをチェックした。

 22日は美浦で2カ所の角馬場を使ってキャンターを行ってから、ゲート内の駐立などを再確認。調教後の馬体重は430キロで、レース当日には前走と同じ(424キロ)か少し減るかもしれないが、全体のルックスが薄く感じないので問題はない。

 「坂路の追い切り(4ハロン52秒3)でいい時計が出ているし、もうやる必要もない。十分な仕上がり」と国枝調教師は終始笑顔。さらに「桜花賞は(重)馬場に尽きる」と敗因も明らかだ。先週、アーモンドアイが圧勝したヴィクトリアマイルを見てもそうだが、今の東京コースは多少の雨でも芝の悪化が進まない。持ち味の瞬発力は、存分に発揮できる。

 調教の前後の雰囲気は少しうるさいタイプかと思っていたが、馬装を解いて洗い場にいる姿を見てびっくり。ネコみたいにおとなしくじっと立っていた。「普段はこんな感じで落ち着いている。オンとオフがしっかりと切り替えられるのがいいね。カイバも時間をかけて食べているし、桜花賞のときも状態は良かったんだけど馬場がね」と菅野厩務員は話す。

 前走とは違い、輸送時間が短い東京なのはプラス。距離の2400メートルは、他馬の後ろで折り合いがつけばこなせるはずで、前半の位置取りが鍵になる。前回が不本意な結果に終わっただけに、鞍上の浜中騎手もコンビ2度目で期するものがあるに違いない。良馬場なら反撃できると判断し、前日までの△の印を★に格上げする。(片岡良典)

★オークスの出馬表はこちら 調教タイムも掲載