中央競馬:ニュース中央競馬

2020.5.23 15:44

【平安S】59キロ背負ったGI馬オメガパフュームが快勝!

盤石な強さで平安Sを制し重賞5勝目を挙げたオメガパフューム

盤石な強さで平安Sを制し重賞5勝目を挙げたオメガパフューム【拡大】

 5月23日の京都11Rで行われた第27回平安ステークス(GIII、4歳以上オープン、ダート1900メートル、14頭立て、1着賞金=3600万円)は、北村友一騎手騎乗の3番人気オメガパフューム(牡5歳、栗東・安田翔伍厩舎)が道中、中団付近からじっくり進めると直線、しっかりと末脚伸ばして先頭でゴール。昨年末の東京大賞典以来約5力月ぶりの出走となったが、GI馬の実力を見せつけた。タイムは1分56秒0(良)。

 1馬身1/4差の2着にはヴェンジェンス(5番人気)、さらに2馬身差遅れた3着にゴールドドリーム(2番人気)が入った。なお、1番人気に支持されたロードレガリスは見せ場なく10着に敗れた。

 平安Sを勝ったオメガパフュームは、父スウェプトオーヴァーボード、母オメガフレグランス、母の父ゴールドアリュールという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は原禮子氏。通算成績は16戦8勝(うち地方5戦3勝)。重賞は18年シリウスS(GIII)、東京大賞典(交流GI)、昨年の帝王賞(交流GI)、東京大賞典(交流GI)に次いで5勝目。平安Sは、安田翔伍調教師、北村友一騎手ともに初勝利。

 ◆北村友一騎手(1着 オメガパフューム)「1週前から2回追い切りに乗せてもらい、1週前より当週の方が動きもよかったです。(きょう)またがった感じも、いい意味でピリッとしていてよかったです。基本は流れ的に前が止まらないと思っていましたし、59キロを背負っていい枠も引いていたので、いいところにつけたいと思っていました。スタートが良く、予想以上にいいポジションで進められましたし、追い切りの時と同じで、すごく反応も良く最後まで長くいい脚を使ってくれました。59キロを背負ってこのパフォーマンスですし、すごく力のある馬だと思います」

★【平安S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 直線抜け出し、後続に1馬身1/4差をつけて快勝したオメガパフューム
  • 59キロを背負うも全く問題にせず快勝したオメガパフューム(左から2頭目)
  • オメガパフュームと見事勝利に導いた北村友一騎手
  • 平安Sを制したオメガパフュームと北村友一騎手
  • (左から)安田翔伍調教師と北村友一騎手
  • 安田翔伍調教師と北村友一騎手
  • 会見を行う北村友一騎手
  • 平安Sで10着に敗れたロードレガリス
  • 平安Sで3着に敗れたゴールドドリーム