中央競馬:ニュース中央競馬

2020.5.20 13:48

【リレーコラム】関東競馬エイト~競馬エイトはただいま穴屋のコラムがゲキ熱ですby横山

横山英二TM

横山英二TM【拡大】

 わたしが関東競馬エイトに入社してからの二十余年でたった2人しか達成していない年間プラス収支(エイトは馬単計算)。実際に馬券を買って、年間を通して収支がプラスとかではない。長く携わっていれば、そのレベルなら誰でもあるだろう。興味があるないを含む予想した全てのレースを均等買いし、それが100%超えならまさに偉業である。条件を細かく分類すれば、いずれかで何度か達成しているのだが(わたしでいえば得意の障害戦)、予想している全てのレースでとなると…。これが予想屋としての最大の目標であり、これに向けて日々研究を重ねている。しかしながら、なかなかそううまくはいかないもので。当然ながら堅いところばかり(の的中)では厳しく、達成するためにはかなりの万馬券本数が必要となる。ということで今は極力穴狙いに徹している(昔からか)。ただ、それが『下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる』であってはならないと思う。やはり競馬エイトの情報、トラックマンの予想は売り物である。与えられた僅かな紙面のスペース(コラム)で厳選に厳選し、それが読者に伝わって一緒に当たればもう最高。全部が全部とはいかないものの、当たる精度を上げていければ、きっと結果(収支プラス)はついてくる。

 現時点(5月20日)で後輩の沢田知希トラックマンが回収率109・3%、わたしが同101・8%と夢の領域にまだ足をかけている。ともに穴馬推奨のコラムを持っており、切磋琢磨(せっさたくま)しながら大目標を達成せねば。今週もわれら穴屋の予想にご期待あれ。

 さてオークス。マイルで爆発的な末脚を見せる桜花賞馬デアリングタクトは距離が延びても信頼できるのか。遅れてきた大物デゼルはタイトなローテーションが響くことはないのか。第3の馬たちにもまだ十分にチャンスはありそう、と考えている。これからレース内容、追い切りを再チェックし、穴屋らしく一発ドデカイのを狙っていきたい。

横山英二(よこやま・えいじ) 関東エイト時計班 

全要素を駆使

3連系

プロフィル

1973年生まれ、埼玉県出身。ギャンブル中毒者で愛読紙のひとつ競馬エイトへ。競馬にはドラマではなく配当だけを求めているゴリゴリの穴屋。常人の盲点を突く-が予想の主幹。

予想スタイル

調教、データ、レース内容はもちろんのこと、最近は血統も少しかじる。本命サイドの馬券はまず買わない。予想も常にフルスイングを心がけており、毎週独り勝ちを目指す。

※横山英二の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります