中央競馬:ニュース中央競馬

2020.5.9 18:19

【京都新聞杯】超高額馬アドマイヤビルゴ無傷3連勝ならず4着 藤岡康「4コーナーで反応したが…」

京都新聞杯で4着に敗れたアドマイヤビルゴ

京都新聞杯で4着に敗れたアドマイヤビルゴ【拡大】

 5月9日の京都11Rで行われた第68回京都新聞杯(GII、3歳オープン、芝・外2200メートル、13頭立て、1着賞金=5400万円)は、和田竜二騎手騎乗の4番人気ディープボンド(牡、栗東・大久保龍志厩舎)が重賞初制覇。タイムは2分11秒7(良)。

 単勝オッズ1.4倍の断然人気に支持されたアドマイヤビルゴは、スタートを難なく決めると4番手の好位置。勝負どころでポジションを上げ楽々と先頭に踊りだし、一気に突き放しにかかるかと思われたが、ギアが上がらずいつもの末脚が見られないまま4着。2017年のセレクトセール当歳市場で史上2番目の高額となる5億8000万円(税抜き)で取り引きされた良血馬は、無傷3連勝で日本ダービーへ駒を進めることができず、皐月賞馬コントレイルとの“無敗頂上決戦”は幻に終わった。

 ◆藤岡康太騎手「4コーナーでも反応しましたが、そこからもう一段階、ギアを上げられませんでした」

★【京都新聞杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載