中央競馬:ニュース中央競馬

2020.4.29 04:30

【俺のチェックポイント】フィエールマン無観客追い風

春の盾連覇を狙うフィエールマン。内海記者は折り合い面をポイントに挙げた

春の盾連覇を狙うフィエールマン。内海記者は折り合い面をポイントに挙げた【拡大】

 皐月賞からスタートした連載「俺のチェックポイント」。東西トレセンで取材する記者が日替わりで、GI出走馬の気になる点を関係者に直撃する。天皇賞・春の2日目は、東京サンスポの内海裕介記者が担当。美浦トレセンで昨年の覇者フィエールマンの折り合い面について迫った。

 ◇

 本日は今年のメンバーの本丸、フィエールマンに迫ってみたい。

 史上5頭目の春盾連覇へ、昨年以上のコンディションが整いつつあることはこの中間、陣営からもひしひしと伝わるが、記者が気になるのは折り合い面だ。昨年の凱旋門賞は掛かり気味の先行策から、よもやのしんがり(12着)に沈んだ。その場面を現地で目の当たりにしているだけに、前年の覇者とはいえ、改めて確認しておきたいポイントだ。

 まずは早い時期から調教を担当してきた嶋田純次騎手に取材。手綱越しに伝わる変化を尋ねると「若い時から調教で動くしそんなに変わっていませんけど、前の馬を捕まえようとする気持ちは強くなってます」との答え。なるほど、あふれる闘志は競“争”馬として必要な資質だが、度が過ぎるようだと3200メートルの長丁場では危険だ。

 続いて手塚調教師=円内=も直撃。単刀直入に切り出すと「折り合いの不安? そりゃあるよ。3200メートルより2400メートルくらいが今は合うし、ルメールさんが乗ったらまた引っ掛かっちゃうかも」と、どっきり発言が飛び出した。

 折り合いを欠いた凱旋門賞と、リズムよく走れた前走=池添騎手が手綱を取った有馬記念(4着)を踏まえての言葉だろうが、凱旋門賞については「フランスのときは馬場が悪かったでしょ。下が緩いとハミを取りたがって行きたがる。今回は良馬場でやれそうだから」とエクスキューズもしっかり。さらに「今回は無観客でしょう。パドックでイレ込んじゃうことがある馬だから、無観客でやれるのはプラスに働くと思います」との言葉が続いた。

 パドックもそうだが、確かに今年は、例年だと各馬の折り合い面に影響をもたらす1周目の正面スタンドの大歓声が発生しないことになる。王座防衛へ、意外な追い風も吹くフィエールマン。あとは嶋田騎手のいう前進気勢の強さ加減を、きょう29日の最終追い切りでもしっかりと見極め、印に反映させたい。(内海裕介)

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

■「GI・俺のチェックポイント」 現場記者が週末のGI出走馬のなかで、自分が気になる馬を独自の焦点をもとに取材。記者は日替わりで、火~土曜付に掲載する。