中央競馬:ニュース中央競馬

2020.4.14 15:35

Deep開発者の「桜花賞」回顧&「皐月賞」展望

Deep開発者の「桜花賞」回顧&「皐月賞」展望

Deep開発者の「桜花賞」回顧&「皐月賞」展望【拡大】

 12日の桜花賞は、2番人気デアリングタクトが粘る先行2頭をゴール前でつかまえてV。無傷の3連勝で牝馬1冠目を奪取しました。また、先週の展望で紹介したように、祖母デアリングハートがあと一歩届かなかったGI制覇を達成。改めて血統を追う楽しさを感じたレースでした。

前回「桜花賞展望」はこちら

 血統といえば前日、土曜中山メインのニュージーランドT勝ち馬ルフトシュトロームも隠れた良血馬。3代母がウインドインハーヘア(ディープインパクトの母)です。この馬、実はプロオッズでは1番人気でした。

 プロオッズというのは、先週からDeepの予想モードで始まったサービス。「この馬の単勝オッズはこれぐらいが妥当である」という一種の推定オッズです。サンスポや競馬エイトの記者やトラックマンなど、多数のプロ予想家が打った印をもとに算出しています。くわしくは、予想モードに説明がありますので、一度ご覧いただければと思います。

ニュージーランドTの予想モード

 ルフトシュトロームの実際の単勝オッズは4.6倍で2番人気でしたが、プロオッズは2.3倍と抜けた1番人気。そして、両者の比率である「D指数」は2.01でした。D指数は数値が大きいほど"おいしい"オッズを意味し、2.00を超えると金色になるようにしてあります。まさに、超お買い得の"黄金馬券"だったわけです。プロオッズやD指数は、6月28日まで無料で見られるので、ぜひお試しください。

 今週の日曜(19日)は中山競馬場でGI皐月賞が行われます。

皐月賞の特別登録馬柱(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コントレイル、サトノフラッグ、サリオスの3頭が人気を分け合いそうですが、自分はサトノフラッグを最も評価しています。

 理由は走法。父ディープインパクトにそっくりで、前脚と後ろ脚をバランスよく使い、四輪駆動という感じの走り方をします。こういうタイプは、不利や緩急への対応が上手。多頭数かつ、小回りでアップダウンも激しい皐月賞への適性は非常に高いとみています。

 コントレイルは同じディープ産駒でも、後ろ脚のバネにものを言わせてトップスピードの違いで他馬を圧倒するタイプ。スムーズに運べばいいですが、少頭数だったホープフルSのようにうまくいくかどうかは、やってみないと分かりません。

その他、伏兵も多く難解な一戦。締め切り直前まで変化するD指数にも注意したいと思います。(カスタマイズ馬柱Deep開発チーム・岡本)

Deepの使い方や有料サービスの内容はこちら
Deep開発チームの公式ツイッターはこちら