中央競馬:ニュース中央競馬

2020.2.23 05:07

【ダイヤモンドS】衝撃!ミライ、最低人気の評価覆した(1/2ページ)

ミライヘノツバサ(中央)がメイショウテンゲン(左)との激戦を制して重賞初V。大波乱を巻き起こした (撮影・奈良武)

ミライヘノツバサ(中央)がメイショウテンゲン(左)との激戦を制して重賞初V。大波乱を巻き起こした (撮影・奈良武)【拡大】

 ダイヤモンドS(芝3400メートル)が22日、東京競馬場で16頭によって争われ、木幡巧騎乗でしんがり16番人気のミライヘノツバサが3番人気メイショウテンゲンとの叩き合いをハナ差制してV。大波乱を呼んだ。ミライを管理する伊藤大士調教師(47)=美浦=は開業12年目でのうれしい重賞初勝利となった。

 3400メートルを走り切った先に、感動の復活Vが待っていた。7歳馬ミライヘノツバサが、メイショウテンゲンと芦毛同士の壮絶な競り合いをハナ差で制し、悲願の重賞初勝利。16頭立て16番人気の大激走は、JRA重賞史上3位の単勝3万2550円という高配当で、東京競馬場は大きなどよめきに包まれた。

 「びっくりです。相手の伸び脚が良く、正直負けたかと思ったし、最後は神様に願って、勝ってたらいいなと。本当に馬に感謝です」

 検量室に引き揚げてきた木幡巧騎手が驚きの表情で相棒をたたえた。中団でじっくり進め「脚をためていったら、すごい脚を使った。最後も根性を見せてくれて…」と脱帽する奮闘ぶりだった。

 もともと、ミライヘノツバサは非凡な力を秘めていた。だが、4歳を迎えてAJCC3着、日経賞2着と軌道に乗った矢先に、右前脚の浅屈腱炎を発症。1年半におよぶ戦線離脱を強いられた。

【続きを読む】