中央競馬:ニュース中央競馬

2020.2.21 05:05

【京都牝馬S】厩舎の話

 ◆アマルフィコースト・牧田師 「動きはいいし、昨年3着のレースで舞台も合う」

 ◆アルーシャ・藤沢和師 「前走は大外枠からでも良く伸びていた。精神的にも良くなっている」

 ◆サウンドキアラ・安達師 「変わりなく順調。久々の1400メートルに馬が戸惑わなければ」

 ◆シゲルピンクダイヤ・渡辺師 「坂路で切れのある動き。初の1400メートルでも外回りなら」

 ◆ディメンシオン・松田騎手 「動き、反応とも良くて乗りやすい」

 ◆ドナウデルタ・北村友騎手 「時計が速くても余裕がある感じ。すごく力もつけている」

 ◆ノーワン・笹田師 「今週は全体時計もラストもよかった。牝馬同士ならチャンスはある」

 ◆ビーチサンバ・大江助手 「しまい重点に気分よく動けていた。この距離も守備範囲」

 ◆プリディカメント・吉村師 「攻めは馬なりでも好時計が出て具合はいい。切れ味勝負なら」

 ◆プールヴィル・庄野師 「動きは良く、間隔があいても走れるタイプ。この距離はベスト」 

★京都牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載