中央競馬:ニュース中央競馬

2020.2.16 19:55

【共同通信杯】サトノクラウン半弟のフィリオアレグロは3着 M.デムーロ「まだ馬が幼いし、ズブかった」

共同通信杯で3着に敗れたフィリオアレグロ 

共同通信杯で3着に敗れたフィリオアレグロ 【拡大】

 2月16日の東京11Rで行われた第54回共同通信杯(GIII、3歳オープン、芝1800メートル、別定、9頭立て、1着賞金=3800万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の3番人気ダーリントンホール(牡、美浦・木村哲也厩舎)が重賞初制覇を飾った。

 GI2勝サトノクラウンの半弟で1戦1勝での重賞挑戦となったM.デムーロ騎手騎乗のフィリオアレグロは、まずまずのスタートから先団の外め2、3番手の位置でレースを運び、直線では馬場の外から前の2頭を懸命に追いかけるも差は詰まらず、4馬身差遅れた3着に終わった。

 M.デムーロ騎手「まだ馬が幼いし、馬体も新馬戦のときより重かった。競馬を教える意味でも中団から運びましたが、勝ち馬が上がっていくときにこの馬の方がズブかったです。それでも3着と頑張ってくれました」

★「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら