中央競馬:ニュース中央競馬

2020.2.15 15:56

【クイーンC】ディープ娘ミヤマザクラが重賞初Vで桜へ前進!

直線抜け出し後続の追撃を振り切って重賞初制覇のミヤマザクラ

直線抜け出し後続の追撃を振り切って重賞初制覇のミヤマザクラ【拡大】

 2月15日の東京11Rで行われた第55回クイーンカップ(GIII、3歳オープン、芝1600メートル、別定、牝馬限定、14頭立て、1着賞金=3500万円)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気ミヤマザクラ(栗東・藤原英昭厩舎)が3番手追走から直線はしっかりとした脚取りで伸び、大外から強襲したマジックキャッスル(4番人気)をクビ差退けて重賞初制覇を飾った。タイムは1分34秒0(良)。

 クビ差+3/4馬身差遅れた3着にセイウンヴィーナス(12番人気)が続き、1番人気のルナシオンは出遅れが響いたか10着に終わった。

 クイーンCを勝ったミヤマザクラは、父ディープインパクト、母ミスパスカリ、母の父ミスターグリーリーという血統で、GII・スプリングSの勝ち馬マウントロブソンの全妹にあたる。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は金子真人ホールディングス(株)。通算成績は4戦2勝。

 ◆福永祐一騎手(1着 ミヤマザクラ)「桜花賞に向けて初めてのマイルだったので、好位からどれぐらいの脚を使うかとうい競馬をしたかったのに、粘るような競馬になってしまった。馬が強く、能力は高いが、次のGIに向けて馬に負担をかける競馬になってしまったのは不本意です」

★【クイーンC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 好位から抜け出し重賞初Vのミヤマザクラ(白帽)
  • クイーンCを制し引き揚げるミヤマザクラと福永祐一騎手
  • 福永祐一騎手と金子真人オーナー
  • トロフィーを手にする藤原英昭調教師
  • クイーンCを制し重賞初制覇を果たしたミヤマザクラ
  • クイーンCで2着に敗れたマジックキャッスル
  • クイーンCで3着に敗れたセイウンヴィーナス
  • クイーンCで6着に敗れたホウオウピースフル
  • クイーンCで10着に敗れたルナシオン