【きさらぎ賞】レースを終えて…関係者談話

2020.2.10 05:07

 ◆武豊騎手(ギベルティ4着)「マイペースのレースはできたが、ラストで切れ負けした感じ。もう少しペースを上げても良かったかな。でも、力はある馬ですよ」

 ◆北村友騎手(トゥルーヴィル5着)「もう少し前で競馬をしたかったが、ゲートを飛び上がる感じで出たので…。こういう荒れた馬場も得意ではないですね」

 ◆幸騎手(サトノゴールド6着)「今までで、一番ハミをとって走っていましたが、後ろの馬には厳しい展開でした」

 ◆和田騎手(サイモンルモンド7着)「前半はついて行けなかったが、素軽い馬で芝も悪くなかった」

★9日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

閉じる