中央競馬:ニュース中央競馬

2020.1.26 18:17

【みんなの反省会】東海S~うまい競馬はしたけどベストはハナby藤岡TM

東海Sで初重賞制覇を果たしたエアアルマス(左)、控える競馬でも3着を確保したインティ(中央)

東海Sで初重賞制覇を果たしたエアアルマス(左)、控える競馬でも3着を確保したインティ(中央)【拡大】

デスク GI・フェブラリーステークスの前哨戦、GIIの東海ステークスは、単勝2番人気のエアアルマスが好位から抜け出して重賞初制覇。京都競馬場の藤岡敬司トラックマン(TM)、どうだった?

藤岡TM 好スタートからスッと好位の外めへ。折り合いもスムーズで、勝負どころでインティが追い上げてきたのに合わせてジワっと動き、直線に入ると楽な手応えのまま先頭へ。追ってからもしっかりとした伸び脚でそのままトップでゴールしました。松山騎手とはダートでは初めてのコンビでしたが、砂を被ると嫌がって下がることはジョッキーの頭にも入っていたはず。砂を被らせない形でうまく運び、馬の能力をしっかりと引き出した手腕も光りましたね。

デスク 短い距離でも実績のある馬だけど、これくらいの距離の方がいいんじゃない?

藤岡TM 1400メートルだとペースが速くなって必ずしも前に行けるわけじゃない。自分の取りたいポジションを取るという意味では、1800メートルくらいの方がレースはしやすいでしょうね。

デスク フェブラリーSも楽しみだ。

藤岡TM 1600メートルでは流れも違うし、GIだとメンバーも違いますから。いかに悪い癖を出さないようスムーズな競馬をさせるか。そこに尽きるでしょう。持ち味を出せればGIでもチャンスはあると思います。

デスク 2着に迫ったのは3番人気のヴェンジェンスだった。

藤岡TM 中団の外めで少し行きたがるのをうまく我慢させながら運び、前にいたインティを追いかけるような形で勝負どころからスパート。一完歩ごとに差を詰め、ラストまでしっかりと脚を使っていました。2走前のみやこSを勝ったときは展開がはまったかなと思ったけど、改めて力のあるところ示しました。

デスク 君の本命、1番人気のインティは3着。いつもとは違うパターンのレースだった。

藤岡TM 2走前のみやこS(15着)で、スマハマとやり合う形になって共倒れ。それを踏まえて今回はともにガンガン行く競馬にはならないんじゃないかと。今回は前哨戦だし、外枠だったので、武豊騎手も無理しないでおこうと思ったのではないでしょうか。控える形で好位の直後あたりを折り合いもスムーズに運びました。勝負どころからジワっと仕掛けて直線もしぶとく脚を使いましたが、最後は伸びが止まって3着に。うまい競馬はしたと思いますよ。

デスク 4番人気のスマハマは15着に沈んだ。

藤岡TM 自分のペースで行っていましたが、後続に脚を使わせるような形の方が持ち味が出るのでは。

デスク フェブラリーSに向けてはどう?

藤岡TM キングズガードは不向きと思える展開で5着まで追い上げてきました。相手は強くなるけど、衰えは感じないですしおもしろいかも。それと昨年の覇者・インティですけど、最後の直線は右手前で走っていたし、左回りの方が合うのかなと…。控える競馬でもめどは立った感じだけど、やはりベストはハナ。可能なら逃げると思うので、引き続き注目したいですね。

★26日京都11R「東海S」の着順&払戻金はこちら

藤岡敬司(ふじおか・けいじ) 関西エイト想定班 

近走内容・直感

本命~穴

馬連・WIN5

プロフィル

1966年生まれ、京都府出身。ギャンブル好きから、競馬に興味を持ち、この世界へ。TMデビューは1994年7月。予想においては取材や論理も大切だが、ギャンブル的なカンやヒラメキも重要だと思っている。その昔、某競馬ゲームの公式大会で優勝したのが唯一の自慢!?

予想スタイル

基本的には近走のレース内容を重視。それに取材の感触や、調教、展開、あるいはパドックでの印象(前走時)などを加味して味付け。

※藤岡敬司の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります