中央競馬:ニュース中央競馬

2020.1.22 05:03

【矢作芳人調教師 信は力なり】リス引退式、最後に彼女の姿披露したかった(1/2ページ)

引退式で口取り撮影をするリスグラシューと右に矢作芳人調教師

引退式で口取り撮影をするリスグラシューと右に矢作芳人調教師【拡大】

 リスグラシューの話が続くが、もうお別れでもあり、ご容赦願いたい。既報の通り、19日日曜日の最終レース終了後に彼女の引退式が執り行われた。

 当日は前年比150%以上のお客さんに入っていただき、式にも7000人ものファンが残ってくれた。インタビューの時にそのお礼を話したかったが、あまりに感極まってしまい、全く気持ちを伝えることが出来なかった。この場を借りて、改めて寒い中リスグラシューの最後の勇姿を見守ってくださった皆さんにお礼申し上げたい。

 彼女の引退式をどうしてもやりたかったのには理由がある。一昨年のエリザベス女王杯以降、関西で走ったのは宝塚記念の一度だけ。初のGIを勝ち、今年秋には改修に入ってしまう京都競馬場で皆さんにお披露目したかった。そして何よりも去りゆくリスグラシューが牝馬であること。牡馬ならば種牡馬展示会や見学で会っていただけることも可能だろうが、繁殖に上がった牝馬に会っていただける機会はまずないからだ。もう一度最後に彼女の姿を披露したかった。引退式の実現に尽力してくださった関係各位に深く感謝している。

【続きを読む】