中央競馬:ニュース中央競馬

2020.1.18 15:49

【愛知杯】9番人気デンコウアンジュがインから抜け出し重賞3勝目V

直線インから鮮やかに抜け出し重賞3勝目を飾ったデンコウアンジュ

直線インから鮮やかに抜け出し重賞3勝目を飾ったデンコウアンジュ【拡大】

 1月18日の小倉11Rで行われた第57回愛知杯(GIII、4歳以上オープン、芝2000メートル、ハンデ、牝馬限定、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、柴田善臣騎手騎乗の9番人気デンコウアンジュ(7歳、栗東・荒川義之厩舎)が中団やや後ろに位置し、4コーナー手前から徐々に進出して直線インを突いて抜け出した。タイムは2分01秒1(重)。

 クビ差の2着にはアルメリアブルーム(5番人気)、さらにクビ差遅れた3着にレイホーロマンス(11番人気)が続き、1番人気のセンテリュオは5着に敗れた。

 愛知杯を勝ったデンコウアンジュは、父メイショウサムソン、母デンコウラッキー、母の父マリエンバードという血統。北海道浦河町・磯野牧場の生産馬で、馬主は田中康弘氏。通算成績は32戦4勝。重賞は2015年・GIIIアルテミスS、19年福島牝馬Sに次いで3勝目。

 ◆柴田善臣騎手(1着 デンコウアンジュ)「きょうは歩き方や返し馬の雰囲気が違っていました。体つきもすごく良くなっていました。レースでも4コーナーまで持ったままでしたし、内がうまく開いたことも良かったと思います。状態の良さがレースにつながりましたね」

★【愛知杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 愛知杯を制し重賞3勝目を飾ったデンコウアンジュ
  • アルメリアブルームの追い込みをしのいで重賞3勝目を飾ったデンコウアンジュ(奥)
  • 直線インを突いて抜け出し愛知杯を制したデンコウアンジュ
  • 小倉重賞初Vの柴田善臣騎手とプレゼンターの茨城ゴールデンゴールズ片岡安祐美監督
  • 愛知杯を制したデンコウアンジュ
  • 愛知杯で2着に敗れたアルメリアブルーム
  • 愛知杯で3着に敗れたレイホーロマンス
  • 愛知杯で5着に敗れたセンテリュオ