中央競馬:ニュース中央競馬

2020.1.13 15:51

【フェアリーS】ディープ娘スマイルカナが逃げ切りで重賞初V!

柴田大知騎手に導かれフェアリーSを制したスマイルカナ

柴田大知騎手に導かれフェアリーSを制したスマイルカナ【拡大】

 1月13日の中山11Rで行われた第36回フェアリーステークス(3歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、牝馬、別定、16頭立て、1着賞金=3500万円)は、柴田大知騎手騎乗の3番人気スマイルカナ(美浦・高橋祥泰厩舎)が最内枠から好スタートを決めて逃げ切り勝ちを収め、4戦目にして重賞初制覇を飾った。タイムは1分34秒0(良)。

 2馬身半差の2着にはチェーンオブラブ(7番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着にポレンティア(5番人気)が続き、1番人気に支持されたアヌラーダプラは6着に敗れた。

 フェアリーSを勝ったスマイルカナは、父ディープインパクト、母エーシンクールディ、母の父ディストーティドヒューマーという血統。北海道新ひだか町・木田牧場の生産馬で、馬主は岡田繁幸氏。通算成績は4戦3勝。

 ◆柴田大知騎手(1着 スマイルカナ)「身体能力がとても高い馬で、出たなりの競馬をしようと思っていたんですが、自分のリズムでスムーズに走っていましたのでそのリズムを崩さないようにしました。気持ちが前向きですごくギアがあります。ただ、テンションがやや高めなのでそこが(今後の)課題ですね」

★フェアリーS払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • フェアリーSを逃げ切って制覇したスマイルカナと柴田大知騎手
  • フェアリーSをスマイルカナで制し、ガッツポーズを見せる柴田大知騎手
  • フェアリーSをスマイルカナで制し、笑顔で引き揚げてくる柴田大知騎手
  • フェアリーSをスマイルカナで制し、口取り撮影へ向かう柴田大知騎手
  • フェアリーSをスマイルカナで制し、関係者と握手をする高橋祥泰調教師
  • フェアリーSをスマイルカナで制した柴田大知騎手と高橋祥泰調教師
  • フェアリーSを制覇したスマイルカナと柴田大知騎手
  • フェアリーSで13着に敗れたダイワクンナナ
  • フェアリーSで4着に敗れた2番人気のシャインガーネット
  • フェアリーSで3着に敗れたポレンティア
  • フェアリーSで16着に敗れたニシノステラと藤田菜七子騎手
  • フェアリーSで7番人気ながら2着に入ったチェーンオブラブ(右)と1番人気に支持されるも6着に敗れたアヌラーダプラ