中央競馬:ニュース中央競馬

2020.1.8 05:07

ホープフルS馬初の2歳王!コントレイル次走は皐月賞直行

ホープフルSを快勝したコントレイル。同レース勝ち馬では初の最優秀2歳牡馬受賞だ

ホープフルSを快勝したコントレイル。同レース勝ち馬では初の最優秀2歳牡馬受賞だ【拡大】

 GI昇格3年目のホープフルS勝ち馬が、初めて最優秀2歳牡馬に選ばれた。矢作厩舎の先輩リスグラシューとともに、3戦3勝のコントレイルが“2歳チャンピオン”のタイトルに輝いた。

 「クラシックに一番直結するレースだと思うホープフルS(の勝ち馬)から初めて選ばれたという点がすごくうれしい。評価したいと思います」

 矢作調教師の言葉は、喜びに満ちていた。デビュー2戦目の東スポ杯2歳S(東京芝1800メートル)を1分44秒5の2歳日本レコードで制すると、前走も目一杯に追わず1馬身半差の圧勝。「最優秀2歳牡馬(の受賞)は通過点でしかありません。今年のクラシックに向けて、何とか成長させていきたい」と、さらなる飛躍の一年へ高い期待を口にした。

 次走は皐月賞(4月19日、中山、GI、芝2000メートル)に直行の予定。「今後は距離が課題だと思うので、しっかりと調整していきたい」と気を引き締めた。

 看板馬リスグラシューが引退で抜けたなか、厩舎を引っ張る存在として期待がかかるコントレイル。今年も、世代の主役の座を譲るつもりはない。

★コントレイルの競走成績はこちら