中央競馬:ニュース中央競馬

2020.1.5 16:23

【中山金杯】代打ミルコのリードでトリオンフが復活V

急きょ乗り替わったM・デムーロ騎手に導かれ20年最初のJRA重賞・中山金杯を制したトリオンフ(左)

急きょ乗り替わったM・デムーロ騎手に導かれ20年最初のJRA重賞・中山金杯を制したトリオンフ(左)【拡大】

 1月5日の中山11Rで行われた第69回中山金杯(4歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、17頭立て、1着賞金=4100万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の2番人気トリオンフ(セン6歳、栗東・須貝尚介厩舎)が2番手追走から直線は外から迫るウインイクシードをアタマ差抑えて2020年最初の重賞ウイナーとなった。タイムは1分59秒5(良)。当初、トリオンフに騎乗する予定だった三浦皇成騎手がこの日の中山7Rで落馬負傷。M.デムーロ騎手は急遽の代打騎乗だった。

 勝ち馬とアタマ差の接戦となった2着にウインイクシード(6番人気)、さらに3/4馬身差遅れた3着には直線外めを伸びてきたテリトーリアル(11番人気)。1番人気のクレッシェンドラヴは後方2、3頭目を進み、直線脚を伸ばしたが7着に敗れた。

 中山金杯を勝ったトリオンフは、父タートルボウル、母メジロトンキニーズ、母の父ダンスインザダークという血統。北海道洞爺湖町・レイクヴィラファームの生産馬で、馬主は桑田牧場。通算成績は18戦7勝。重賞は2018年小倉大賞典・GIII、小倉記念・GIIIに次いで3勝目。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手(1着 トリオンフ)「三浦皇成騎手はかわいそうです。苦しいと思いますが、けががたいしたことないとうれしいです。馬はすごく良かったです。ボクは乗る馬がいなくて、須貝先生に『乗ってほしい』と言われてうれしかった。この間、1年ぶりでいい競馬(屈腱炎明けの1年4カ月の休養明けとなった11月のチャレンジCで2着)をしていました。今回はすごくチャンスがあると思っていました。きょうは思っていた通りの競馬でした。年が明けて、最初の重賞を勝つことができてとてもうれしいですね。ボク自身は去年5月のオークスの後は重賞を勝つことができなくてすごく大変だった。今年は、うまいジョッキーになりたい。いっぱい勝ちたい。頑張りたい。みなさんの暖かい応援はすごくうれしいです。ありがとうございます」

★【中山金杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 中山金杯を制したトリオンフ(左奥)
  • 中山金杯を制したトリオンフ
  • 急きょ代打騎乗となった中山金杯をトリオンフで制し、馬上で喜ぶミルコ・デムーロ騎手
  • 急きょ代打騎乗となった中山金杯をトリオンフで制した馬上のミルコ・デムーロ騎手
  • 急きょ代打騎乗となった中山金杯をトリオンフで制したミルコ・デムーロ騎手
  • 中山金杯をトリオンフで制した須貝尚介調教師
  • 中山金杯で2着に敗れたウインイクシード
  • 中山金杯で3着に食い込んだテリトーリアル
  • 中山金杯で7着に敗れたクレッシェンドラヴ