中央競馬:ニュース中央競馬

2019.12.30 17:02

小倉記念、新潟記念を制したタツゴウゲキが引退

2017年の小倉記念、新潟記念を制したタツゴウゲキ

2017年の小倉記念、新潟記念を制したタツゴウゲキ【拡大】

 2017年の小倉記念、新潟記念の勝ち馬で今年の宝塚記念12着後、休養しているタツゴウゲキ(栗・鮫島、牡7)が引退することが30日、分かった。「脚元の不安が再発したので年明けに抹消します」と鮫島調教師。今後はオーナー所有の種牡馬になる予定。

 また、同厩舎でカペラS12着ハニージェイド(牝5)も、引退して繁殖入りする。「オープンまで行ってくれました。いい子を産んで欲しいですね」とトレーナーは話した。

★タツゴウゲキの競走成績はこちら