中央競馬:ニュース中央競馬

2019.12.28 11:13

エイト野田が“BESTフィニッシュ”17万8080円!!

野田慶一郎TM

野田慶一郎TM【拡大】

【野田慶一郎の万馬券指定レース!】土曜中山2R

 前走入着馬はいるものの時計や内容的には抜けた馬は不在でいかにも混戦の2R。ここは荒れると判断して狙います。

 【中山2R】 ◎⑭ワセダウォリアー

 前走の東京ダート1400メートルは勝負どころから追い通しとズブかったうえに、直線で手前を替えずに内へモタれて競馬にならず。距離も不足していたし、初の左回りが大きく影響。

 2走前の福島芝1800メートルが6着ながらも好内容。開催3週目で内の馬場が荒れており、勝ち馬ウイングレイテスト(次走のデイリー杯2歳Sで2着)を含む上位3頭は4コーナーで外を回っていた。外差し馬場で自ら積極的に逃げての0秒5差6着は負けて強しという内容でスタミナは豊富。

 ダートの1800メートルをこなすだけの持久力があり、右回りになるのも大歓迎。現状は今回の条件が恐らくベスト。人気にならないここが買い時だ。

《単勝》
 ⑭番 3000円

《3連単》
 ⑭→③④⑥⑩⑬→①②③④⑥⑩⑬⑯(35点) 各200円

 ※結果…波乱の予感!? 放馬などで発走時刻が遅れた中山2Rは、主導権を握ったミルコ・デムーロ騎乗のワセダウォリアー(6番人気)が2着ニーズヘッグ(2番人気)に5馬身差をつけ完勝。さらに5馬身離れた3着にギャラクシーソウル(1番人気)。《単勝》23.5倍×3000円=7万500円、《3連単》537.9倍×200円=10万7580円で総額17万8080円の払い戻しです。ワンステージで一発!? 鳴りを潜めていた関東競馬エイト・野田慶一郎TM、ここでしたか。しっかり2019年を締めました。

野田慶一郎(のだ・けいいちろう) 関東エイト時計班 

前走・馬場

3連単

プロフィル

1973年生まれ、福岡県出身。現在は東京競馬場近くに在住。どの競馬場も力は入れているが、結果的に強いのはやはりホームの東京。1日に馬単万馬券5本を的中させたのもこのコース。注目してください。

予想スタイル

着順以上に中身のある競馬をした馬や適性がはっきりせず人気になり切れない馬を狙うスタイル。前走2、3着馬はひとまず疑ってかかるので、結果的には穴狙い。

※野田慶一郎の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります