中央競馬:ニュース中央競馬

2019.12.27 11:52

【BLOOD】父が皐月賞を勝った舞台!ブラックホール期待

ブラックホール

ブラックホール【拡大】

 有馬記念のリスグラシューの強さには舌を巻いた。さすが、上昇気流に乗ったハーツクライ産駒はどこまでも強くなるなあ、という印象。引退が惜しいという巷の声にもまったく同意だ。

 今週は2歳の中距離GI。ハーツクライの流れに乗って、という考えも頭をもたげたが、やはり実が入るのは古馬になってから。2歳馬でもともと向いているとも言い難い中山のGIで中心視するほどの信頼は置けない。◎に心も動いたワーケアは◯とする。

 ◎はブラックホール。ゴールドシップが初年度、しかも2歳夏に重賞勝ち馬を出すとは思いもよらなかった。時計のかかる洋芝、2歳夏にしては長めの9F戦だったとはいえ、である。

 ステイゴールド系がコーナーをぐるぐる回る競馬を得手とすることは何度も指摘してきた。ましてや◎としては父が皐月賞を勝った舞台。祖母は桜花賞2着のブルーリッジリバーで、早期から活躍できる血。もっといえば、4代母のスカーレットインクからはダイワメジャー、ダイワスカーレット、ヴァーミリアンなど、近年の日本競馬での活躍馬が綺羅星の如く出ている良牝系。さらなる飛躍は十分期待できる。

 3番手は一応、お化け時計で東スポ杯2歳Sを勝ったコントレイルとするが、切れすぎるディープ産駒だけに中山が合わない可能性もある。ならばオルフェーヴル産駒の△△、ドリームジャーニー産駒の△あたりを買うほうが、血統的には健全だろう。(夕刊フジ)

★ホープフルSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載