中央競馬:ニュース中央競馬

2019.12.17 05:08

【有馬記念】柴田政人初予想!アーモンド「死角少ない」(1/3ページ)

柴田政人氏が「動きたいときに動ける」というアーモンドアイ。特殊な舞台だけに操縦性の良さは大きな武器となる

柴田政人氏が「動きたいときに動ける」というアーモンドアイ。特殊な舞台だけに操縦性の良さは大きな武器となる【拡大】

 往年の名手が予想初披露! 現役時代に闘志あふれる騎乗でファンを魅了した柴田政人元騎手(71)=サンケイスポーツ評論家=が、暮れのグランプリを初分析。騎手の視点から、操縦性に優れるアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎、牝4歳)を「死角が極めて少ない」とプッシュした。1989年の有馬記念をイナリワンで制すなど、一時代を築いた名ジョッキーが、名牝に太鼓判! 逆転候補には菊花賞馬のワールドプレミア(栗東・友道康夫厩舎、牡3歳)を挙げた。

 2月いっぱいで調教師を定年となり、有馬記念の見解をサンケイスポーツで披露することになった。私が平成元年にイナリワンで勝ってから30年もたったのか、と思うと時の流れは早いものだ。そのときにはオグリキャップというスターホースが出ていたが、今年はアーモンドアイがいる。香港Cを発熱で回避したが、その後の様子から影響はないようだ。普通に力を出せれば、負けるシーンは想像しにくい。

 中山芝2500メートルは、よくトリッキーなコースといわれる。このコースを攻略するには「流れをできるだけ早く捉える」ことが重要だ。

 スタートしてすぐ緩やかなコーナーなので、先行する馬は内枠が欲しい。外枠だと少し前に出していかなくてはいけないので、2周目の最後の坂で脚がなくなってしまう。1周目の正面スタンド前ではみんなが折り合いをつけようとして、流れが遅くなる。2コーナーから少し動いて位置を上げる馬も出てくるが、一気に行くと、これも最後の脚に響く。そして3~4コーナーは先行馬が仕掛けを待つので、外から早く動くと、直線の急坂で止まってしまうことが多い。とにかく、いかに早く流れに乗って、自分のポジションをつかむかが、勝利の鍵になる。

【続きを読む】

関連

  • 元騎手の柴田政人氏はアーモンドアイに全幅の信頼を寄せた(撮影・塩浦孝明)
  • 1989年の有馬記念。後方から3~4コーナーで内めを通って追い上げた柴田政人騎手のイナリワン(右)が、先に先頭に立った武豊騎手のスーパークリーク(右から3頭目)をゴール前でかわした