中央競馬:ニュース中央競馬

2019.11.17 15:43

【マイルCS】3番人気インディチャンプが安田に続きVで真のマイル王!

史上7頭目の春秋マイルGI制覇を果たしたインディチャンプ

史上7頭目の春秋マイルGI制覇を果たしたインディチャンプ【拡大】

 11月17日の京都11Rで行われた第36回マイルチャンピオンシップ(3歳以上オープン、GI、芝・外1600メートル、定量、17頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、池添謙一騎手騎乗の3番人気インディチャンプ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が好位5番手から、直線は馬場の中央から身上の瞬発力を発揮し、1番人気のダノンプレミアムを突き放して快勝、春の安田記念に続くマイルGI連覇を飾った。タイムは1分33秒0(良)。

 1馬身半差の2着にはダノンプレミアム、さらにアタマ差遅れた3着にペルシアンナイト(6番人気)が続いた。

 マイルCSを勝ったインディチャンプは、父ステイゴールド、母ウィルパワー、母の父キングカメハメハという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は12戦7勝。重賞は2019年東京新聞杯・GIII、安田記念・GIに次いで3勝目。マイルCSは、音無秀孝調教師は2009年カンパニー、16年ミッキーアイルに次いで3勝目、池添謙一騎手は2003年デュランダル、04年デュランダル、11年エイシンアポロンに次いで4勝目。

 ◆池添謙一騎手(1着 インディチャンプ)「強かったです。急きょの乗り替わりでしたが、春のチャンピオンですし、状態も良かったので、絶対に勝つという気持ちで臨みました。ゲートを出てくれて、いいポジションも取れました。左前のダノン(プムレミアム)を見ながら進めて手応えがありましたし、追い出す余裕もありました。これを勝ったことで本当のマイルのチャンピオンということですので、また応援してください」

★【マイルCS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • マイルCSを制しGⅠ2勝目を挙げたインディチャンプ
  • 直線抜け出してマイルCSを制したインディチャンプ
  • 直線鮮やかに抜け出し春秋マイルGI制覇を果たしたインディチャンプ(左から4頭目)
  • 第36回マイルCSを制したインディチャンプと池添謙一騎手
  • マイルCSを制し、握手をする米本昌史シルクレーシング代表、池添謙一騎手、音無秀孝調教師(左から)
  • 第36回マイルCS1着インディチャンプ
  • マイルCSで2着に敗れたダノンプレミアム
  • マイルCSで3着に敗れたペルシアンナイト
  • 2番人気に支持された1番ダノンキングリーは5着に入線
  • マイルCSで10着に敗れたダイアトニック
  • 第36回マイルCSを制したインディチャンプ
  • 第36回マイルCSを制したインディチャンプ
  • 春の安田記念に続くマイルGI連覇を飾ったインディチャンプ
  • マイルCSを制し、握手をするプレゼンターの窪塚洋介さんと池添謙一騎手(左から)