中央競馬:ニュース中央競馬

2019.11.14 05:08

【マイルCS】プレミアム、坂路ラスト12秒3

ダノンプレミアムは坂路で4ハロン53秒4-12秒3と鋭い伸びをみせた

ダノンプレミアムは坂路で4ハロン53秒4-12秒3と鋭い伸びをみせた【拡大】

 天皇賞・秋2着のダノンプレミアムが、坂路のチップを蹴散らして力強い走りをみせた。

 「見た感じ、馬も(自ら)走っていたし、フレッシュ感がありながら、いいリズムで走れていたと思います」

 見守った中内田調教師が共同会見で胸を張った。CWコースを半周して脚慣らしをしてから、坂路へ。走ることに集中し、折り合いもぴったり。勾配がきつくなる最後の1ハロンでもグイッと加速し、4ハロン53秒4-12秒3と鋭く伸びた。

 デビュー以来、大事に使われ、これまでの最短レース間隔は中5週。中2週は初めてとなるが、指揮官は「状態はいいので、馬の力は出せると思います」とキッパリ。一昨年の朝日杯FS以来となるGI2勝目へ、準備は整った。

 マイル戦は4戦3勝。京都芝1600メートルも春のマイラーズCで圧勝を飾っており、不安はない。すこぶる順調な調整過程に絶好の舞台。絶対王者不在のマイル路線を“プレミアム”な走りで制圧する。 (山口大輝)

★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載