中央競馬:ニュース中央競馬

2019.11.14 10:35

【ズバッと!言いたい放題】マイルCS

マイルCSに出走予定のダイアトニック

マイルCSに出走予定のダイアトニック【拡大】

 しの 先週同様に今週も人気的には4歳vs3歳という図式でしょうか。

 東京サンスポ・漆山 サンスポでも書いたけど、毎日王冠V馬はマイルCSで好成績。3歳ダノンキングリーは出遅れながら上がり3F33秒4でゴボウ抜きだった。「スタートはタイミングの問題だし、中間も練習しているので心配していない」と萩原調教師。

 大王 母系はスピード色の強い血統。マイルへの短縮はいいね。

 漆山 ただ、サートゥルナーリアも天皇賞6着だったし、同世代が古馬GIで苦戦しているのが…。

 しの 4歳代表格も同じオーナーのダノンプレミアム。前走のパドックが素晴らしかっただけに上積みはどうかという気はしますが、輸送の短い京都はプラスでしょう。

 水谷 「初めて詰めて使うが順調にきた。マイルから2000メートルはどの距離でも問題ない。プレミアムの競馬をするだけ」と川田騎手は強気や。

 大阪サンスポ・山口 でも、このローテは個人的には疑問視。GIという大舞台で、初の中2週を克服するのは容易ではないはずです。まして人気馬ならなおさら。

 大王 ボクはエリザベス女王杯Vのスミヨンが乗るダイアトニックを信頼したい。来日3週間ですでに10勝、重賞2勝と勝ちまくっている。

 しの 騎乗馬を絞っているだけあって連対率42・9%、複勝率62・9%はさすがね。回収率もプラスを計上しています。

 山口 インディチャンプは福永騎手の騎乗停止で乗り替わり。抜け出してからソラを使う点など“癖馬”なことは確かだからどうでしょう。

 大王 池添騎手は勝負強いし、心配しなくていいのでは。マイル替わりもプラスだしね。

 東京サンスポ・柴田 レイエンダのけいこは先行する2頭を目標にしながら最後まで馬体を並べず単走。状態面に不安はなさそうだが、もまれるとモロい面があるのは事実。併せ馬ができない点に少し疑問符が残った。

 漆山 穴っぽい馬が多くてヒモを絞るのには苦労しそう。フィアーノロマーノは右回りマイルなら4戦4勝だ。

 柴田 プリモシーンは前走大敗後、在厩で調整。時計にならなくても長めからコースでキャンターしたり、数字に現われない負荷をかけられているのはこれまでと違う。変わり身があるか。

 大王 モズアスコットも復調している。大穴だったらスワンS3着を叩いたマイスタイルかな。

 漆山 巴賞の段階から「秋はマイルCSを狙う」と昆調教師が公言していたとおり。

 大王 一昨年の覇者ペルシアンナイトはマーフィーがどう乗るか。大阪杯馬アルアインはムーアとのコンビで激変があるかも。楽しみだ~。

 水谷 ワシも楽しみ。ここ2年◎が連勝中やしな。

 しの 三度目の正直って慣用句がありますよ。

 水谷 ふん。そんなことは気にせず“三匹目のどじょう”を狙うで。(夕刊フジ)

★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載