中央競馬:ニュース中央競馬

2019.10.17 16:41

相沢師コラム・トレセン365日WEB版(78)~ひと夏越しての成長を・エメラルファイト

エメラルファイトは石川裕紀人騎手と相沢郁調教師の師弟コンビで富士Sに出走する

エメラルファイトは石川裕紀人騎手と相沢郁調教師の師弟コンビで富士Sに出走する【拡大】

 先日の台風19号、日本中に甚大な被害を及ぼしました。被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 我々の拠点の美浦村のほうは、幸いなことに今回、大きな被害はありませんでしたが、大きな河川などが氾濫している様子をTVで観て、改めて自然災害の恐ろしさを実感しました。

 われわれに影響が大きかったのは、やはり、土、日の競馬が順延になったこと。特に今回はもともと土、日、月の3日間開催で予定されていたので、土曜日のレースが火曜日に延期になってしまいました。中2日ということは、通常なら1本余計に追い切りをこなす計算ですから、能力発揮に影響があったことは否めません。異常気象ということなのか、最近は天候急変による開催中止が以前より増えた印象。それだけに3日間開催の実施には、もう少し慎重になってもらったほうが公正確保につながる思いはあります。

 もうひとつ、今回は大丈夫でしたが、もしトレセンが被害に遭って停電、そして断水なんて事態が続くとどんなことになった場合、果たしてどうなってしまうのか? 競走馬にとっても水は命。どんなときにも最低限の営みを行える準備ができていることを切に願います。

 では今週のおすすめを。今週、楽しみなのはエメラルファイトが富士Sで秋初戦を迎えること。強豪相手にはなりますが、この馬自身、夏を越して大人っぽくなってきましたし、調教の動きも(石川)裕紀人が絶賛しています。いい走りをお見せできると思いますので、応援のほどよろしくお願いします。

■相沢郁(あいざわ・いくお)

 1959年6月19日生まれ。北海道出身。麻布大学獣医学部で獣医師免許を取得。98年に厩舎を開業。初年度からウメノファイバーが京王杯3歳Sを優勝し、翌年にオークス制覇。2012、13年にJRA賞優秀調教師賞を受賞。これまでにJRA重賞18勝をあげている。趣味はお酒。