中央競馬:ニュース中央競馬

2019.10.12 05:03

東京競馬土日中止…12日分は15日に、13日分は出馬投票やり直し

 台風19号の影響で中央競馬は12、13日の4回東京競馬3、4日目が中止に追い込まれた。12日分は15日(火)に出走馬の馬番などを変更せずに施行され、13日分は改めて出馬投票をやり直したうえで、21日(月)に行われる。また東京、中山、中京の各競馬場や関東圏内の各ウインズでも12日は営業を取りやめ、11日のインターネット夜間発売も中止された。

 被害の拡大が予測されることから、公共交通機関などが早々と計画運休を決めたことを受け、JRAは11日午後2時半の時点で土日の東京開催の中止を発表。今年に入っての開催中止は5月4日東京競馬がひょうで10R以降を取りやめて以来3度目で、台風による中止は2018年9月30日の阪神競馬以来。2日間連続の開催中止も同年9月30日と翌10月1日の代替競馬が中止されて以来となった。

 13日のWIN5は発売を中止。また東京で予定されていた『全国ポニー競馬選手権~ジョッキーベイビーズ』は14日(月)に延期された。

 なお、きょうの京都競馬の開催の有無、午前7時以降の電話、インターネット投票の発売などについては決定次第、ホームページなどで発表する。詳しい情報はJRAホームページ(http://jra.jp)、または全国共通のテレホンサービス(050・3116・7700)で。

★異例金曜輸送の関東馬、京都競馬場に無事到着

 13日の秋華賞に出走する関東馬で、美浦トレセンを出発した7頭は、11日午後0時30分までに無事、京都競馬場へ到着した。関東→関西、または関西→関東の遠征競馬ではレース前日の輸送が一般的だが、今回は台風19号の影響を考慮して、京都に遠征する関東馬は全て金曜輸送となっていた。なお、栗東トレセンに滞在している関東馬のパッシングスルーとシャドウディーヴァはレース当日に京都へ移動する。