中央競馬:ニュース中央競馬

2019.10.8 11:42

【プレビュートーク】南、ファンタジー春の無念晴らす

夕刊フジの南は、トライアルのローズSを快勝したダノンファンタジーに期待。夏を越してひと皮向けた印象をもっている

夕刊フジの南は、トライアルのローズSを快勝したダノンファンタジーに期待。夏を越してひと皮向けた印象をもっている【拡大】

★秋華賞

 村瀬 毎日王冠はガッチガチでしたけど、何とか馬プレは1・5倍になりました。

  京都大賞典は大波乱。あんな荒れ方やと手が出えへんわ。

 村瀬 凱旋門賞は△△→◎。“キングジョージ”とフォワ賞でいい競馬してたからヴァルトガイストは買いだと思ってたけど、エネイブルまで差しちゃうとは。

  3連覇は難しいゆうことやな。

 村瀬 さ、GIリスタート。牝馬3冠ラストです。

  桜花賞馬グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユーがおらん。混戦やけど、◎ダノンファンタジーはひと皮むけた感じや。

 村瀬 ローズSはレコード勝ち。いったん置かれてから鋭伸したんですもんね。確かにちょっと印象が変わりました。

  相変わらずトレセンではテンションが高めやけど、競馬ではきっちり折り合う。「順調。引き続きテンションとコントロールを丁寧にやっている。距離も気にならない」と猿橋助手。桜4着、樫5着から悲願のVがあってもええ。

 村瀬 春の実績組はおおむね順調な秋の滑り出しでしたね。ただ、オークスは別路線組のワンツー決着。GIを勝ち切るには“上位”だけでは何かが足りないような気もするんです。

  ま、分からんでもない。そやから対抗はエスポワール。前走は2勝クラスゆうても4馬身差の圧勝やった。辻野助手は「戻ってきたときに見違えるくらい馬が良くなっていた。前走で3勝目をあげたからトライアルは使わずに余裕のあるローテを選択。中身はできているし、息の入りもいい」ゆうてファイティングポーズ。前向きなところがあるからゴチャつかないことが条件やろな。

 村瀬 なるほど。ボクは同じ2勝クラスV馬の◎サトノダムゼルが気になって仕方ないんです。前走は◎。重馬場の中山で“やばいな”と思って見てたんですけど、まるで関係なかった。東京、新潟ときて右回りをこなせたのはここへ向けて何よりの収穫。下克上もいいところですけど、ラヴズと同じ無傷V4での戴冠、ないかな。

  負けてへんわけやから、なくはないやろ。ミルコJが勝てば樫とのジョッキー2冠やな。

 村瀬 ジョッキー2冠といえばルメールJにも可能性がありますね。コントラチェックはオークスで3番人気9着。ちょっと激流に付き合っちゃいました。前週のヴィクトリアマイル(ノームコア)で超絶レコードVを決めたせいで、レーンJの感覚も狂ったかな。

  それまでが一方的な強さやったからな。ただ、ぶっつけはどうか。

 村瀬 確かにそこは気になりますね。アーモンドアイ級かとなると…。

  それならビーチサンバやないか。陣営がクロフネの雰囲気が出てきたゆうてたなかでのローズS2着。友道師は「速い馬場で頑張ってくれた。距離は内回りに替わることで克服できないか。勝負根性を生かしたい」ゆうとった。

 村瀬 ペースにもよるけど、オークスであまりにも止まったからなあ。

  将来的にはマイラーか。これと春にライバル関係やったのがクロノジェネシス。ホンマ、堅実なタイプ。これはぶっつけを選択したけど、「オークスは距離が長いなかで頑張ってくれた。2000メートルに短縮するのはいいし、内回りもこなせる」と北村友J。全戦【3・1・2・0】やし、崩れるイメージはないな。

 村瀬 常に一生懸命に走って感心するけど、突き抜けるかとなると…。

  これに桜花賞で先着したシゲルピンクダイヤはローズSで4着と格好をつけた。渡辺師は「腹をくくる」ゆうとったで。直線一気に賭けるムードや。

 村瀬 それがいいでしょうね。あとはオークス2着のカレンブーケドール。紫苑Sは全馬の目標になって3着でしたけど、いい叩き台になったはずですよ。

  関西圏へ初の輸送。そこがどうかやな。勝ったパッシングスルーは栗東入りしとるで。

 村瀬 何だか能力僅差でどこからでも入れそうな雰囲気。面白いラス冠になりそうですね。

(夕刊フジ)

★秋華賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載