中央競馬:ニュース中央競馬

2019.10.4 05:06

【凱旋門賞】有力外国馬CHECK

 地元フランスの期待を背負うヴァルトガイスト(仏=A・ファーブル、牡5)。父ガリレオ、母の父モンズンという重厚な欧州血統から2400メートルはベストで、5歳にして充実期を迎えている。レーティングは124。

 今季は始動戦のガネー賞でGI3勝目。プリンスオブウェールズS3着、“キングジョージ”ではエネイブル、クリスタルオーシャンに次ぐ3着と世界最強クラスと互角の走りをみせている。

 前哨戦のフォワ賞は2番手から余裕たっぷりに抜け出して連覇。フォワ賞勝ち馬による本番制覇は1984年のサガスが最後で、“フォワ賞優勝馬は凱旋門賞を勝てない”といわれる。しかし管理するのはレース史上最多の7勝を誇るA・ファーブル調教師。2006年レイルリンク以来の頂点に狙いを定めている。