中央競馬:ニュース中央競馬

2019.9.22 15:47

【神戸新聞杯】サートゥルナーリアが3馬身差で快勝

圧巻の走りで後続に3馬身差をつけて快勝したサートゥルナーリア

圧巻の走りで後続に3馬身差をつけて快勝したサートゥルナーリア【拡大】

 9月22日の阪神11Rで行われた第67回神戸新聞杯(3歳オープン、GII、芝・外2400メートル、牡・牝、8頭立て、1着賞金=5400万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が2番手追走から直線入り口で先頭に立ち、後続を突き離した。タイムは2分26秒8(良)。

 シフルマンが引っ張った前半の5ハロンは63秒4のゆったりとした流れ。サートゥルナーリアは早め先頭から上がり3ハロンをメンバー最速タイの32秒3でまとめて秋初戦をクリアした。

 3馬身差の2着には4番手から追いすがったヴェロックス(2番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に大外から差を詰めたワールドプレミア(3番人気)。上位3頭が菊花賞(10月20日、GI、京都競馬場、芝3000メートル)の優先出走権を獲得した。

 神戸新聞杯を勝ったサートゥルナーリアは、父ロードカナロア、母シーザリオ、母の父スペシャルウィークという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は6戦5勝。重賞は2018年ホープフルS・GI、2019年皐月賞・GIに次いで3勝目。神戸新聞杯は、角居勝彦調教師は2013年エピファネイアに次いで2勝目、クリストフ・ルメール騎手は2015年リアファル、2016年サトノダイヤモンド、2017年レイデオロに次いで4勝目。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 サートゥルナーリア)「強かったですね。きょうは彼の強さを出してくれました。とりあえず、前に馬がいてくれたのがよかったし、向こう正面から冷静に走っていました。3、4コーナーから段々加速してすごくいい脚をつかってくれた。スタートもよかったですね。スタート前からリラックスして、ゲートの中でも落ち着いていました。大きなレースはスタートが大事になるので、よかったです。次のレースはわからないけど、スーパーホースだと思います」

 ◆角居勝彦調教師(1着 サートゥルナーリア)「上手にスタートを切ってくれましたね。折り合いも問題なかった。ひと夏を越して体もしっかりして、帰ってきたときに良くなっていた。これで距離もなんとかなったと思います。我慢が利けば、いい上がりを使えますね。(次は)オーナーと相談しながらになると思います」

★【神戸新聞杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 神戸新聞杯を3馬身差つけて快勝したサートゥルナーリア
  • ゴール前、後ろを振り返る余裕を見せるルメール騎手
  • サートゥルナーリアで神戸新聞杯を制しガッツポーズをするクリストフ・ルメール騎手
  • クリストフ・ルメール騎手と角居勝彦調教師
  • 神戸新聞杯を制したサートゥルナーリア
  • 神戸新聞杯を制したサートゥルナーリア
  • 神戸新聞杯を制したサートゥルナーリア
  • 2着に敗れたヴェロックス
  • 3着に敗れたワールドプレミア