中央競馬:ニュース中央競馬

2019.9.19 05:10

【産経賞オールカマー】レイデオロ、今年で引退示唆

レイデオロは、きょう木曜の追い切りに備えて美浦坂路で運動。現役ラストシーズンとなりそうな秋の、V発進を狙う

レイデオロは、きょう木曜の追い切りに備えて美浦坂路で運動。現役ラストシーズンとなりそうな秋の、V発進を狙う【拡大】

 昨年に続いて産経賞オールカマーを秋初戦に選んだレイデオロは、美浦坂路をキャンター(4ハロン63秒0)で駆け上がり、19日の追い切りに備えた。

 「今年が最後の年だからね。尻すぼみにならないように、ダービー馬にふさわしいようにやっていかないと」と、藤沢和調教師は年内での引退→種牡馬入りを示唆。

 「宝塚記念(5着)は内枠で、ずっと嫌な感じで走らされてしまった。中間の雰囲気は大丈夫だし、宝塚を使っているぶん、調整も楽にやれている。去年勝って、いい感じで(秋のGIシーズンへ)行けたから」と、昨年同様の秋のV発進をイメージする。

 具体的なレースは決まっていないが、今回を含めて予定されるのは残り3戦。名伯楽に“ダービートレーナー”の称号を贈った黄金の王が、現役最後のシーズンで完全燃焼を狙う。

★産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載