中央競馬:ニュース中央競馬

2019.9.13 05:04

【神戸新聞杯】ワールドプレミア、先週より良化

ワールドプレミア

ワールドプレミア【拡大】

 《栗東》若葉S2着以来となるワールドプレミア(友道、牡3)は、CWコースで3頭併せ。一杯に追われて6ハロン82秒4-12秒1で最先着した。「先週より動きが良くなっているし、何とか間に合ったかな。来週はジョッキー(武豊騎手)に乗ってもらいます。ソエも治まって、体は良くなっているよ」と友道調教師は上昇ムードを伝えた。

 日本ダービー8着レッドジェニアル(高橋忠、牡3)は、酒井騎手を背にCWコースで一杯に追われ、ラスト1ハロン11秒9(6ハロン80秒2)とシャープな伸び。ギルマ(2勝クラス)に2馬身半先着した。中塚助手は「動かしていってしっかり追いついて、いい動きでした。菊花賞に向けていい結果を出してほしい」と期待を寄せた。