中央競馬:ニュース中央競馬

2019.9.12 05:04

【スプリンターズS】グランアレグリア、坂路4ハロン54秒9

グランアレグリア

グランアレグリア【拡大】

 スプリンターズS(29日、中山、GI、芝1200メートル)に向けた2週前追い切りが11日、東西トレセンで行われた。

 《美浦》NHKマイルC5着以来となるグランアレグリア(藤沢和、牝3)は、坂路を馬なりで4ハロン54秒9-12秒6。藤沢和調教師は「順調にきているよ。春に比べて落ち着きが出てきたし、成長を感じる。来週は併せ馬の予定」と進化に目を細めていた。

 安田記念8着以来のステルヴィオ(木村、牡4)はWコース6ハロン88秒0-11秒7で、内と馬なりで併入。木村調教師は「夏場に充電し、フレッシュな状態。先週、今週と長めから乗り、まだ少し息は重いけど、これから変化してくれれば」と良化を期待していた。

 キーンランドC5着のナックビーナス(杉浦、牝6)はWコースを馬なりで5ハロン69秒6-13秒5。「変わりなくきているし、(7着だった)去年より雰囲気がいい」と杉浦調教師は好感触。

 《栗東》北九州記念2着のディアンドル(奥村豊、牝3)は坂路単走で4ハロン54秒5-11秒8。「変わりなくきています。前回は厳しい条件のなかで上手にレースをしてくれました。GIでも楽しみです」と奥村豊調教師は話した。