中央競馬:ニュース中央競馬

2019.9.1 15:47

【小倉2歳S】マイネルグリットが外伸び無傷3連勝!

デビュー3連勝で小倉2歳Sを制したマイネルグリット

デビュー3連勝で小倉2歳Sを制したマイネルグリット【拡大】

 9月1日の小倉11Rで行われた第39回小倉2歳ステークス(2歳オープン、GIII、芝1200メートル、14頭立て、1着賞金=3100万円)は、国分優作騎手騎乗の3番人気マイネルグリット(牡2歳、栗東・吉田直弘厩舎)が好位追走から直線は馬場の外めを抜け出して重賞初制覇。7月20日中京の新馬戦(芝1600メートル)、8月10日のフェニックス賞(小倉2歳オープン、芝1200メートル)に続いて無傷の3連勝。タイムは1分10秒5(重)。

 クビ差の2着には馬場の真ん中を割って追い込んだトリプルエース(2番人気)、さらに半馬身差遅れた3着に大外から追い込んだラウダシオン(4番人気)。1番人気のカイルアコナは先行したが最後の伸びを欠き5着に敗れた。

 小倉2歳Sを勝ったマイネルグリットは、父スクリーンヒーロー、母マイネショコラーデ、母の父ロージズインメイという血統。北海道新冠町・ビッグレッドファームの生産馬で、馬主は(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン。通算成績は3戦3勝。重賞初制覇。小倉2歳Sは、吉田直弘調教師は初優勝、国分優作騎手は2014年オーミアリスに次いで2勝目。

 ◆国分優作騎手(1着 マイネルグリット)「思い通り人気馬を見つつの競馬ができました。馬の力を信じて早めにスパートしましたが、しっかり伸びてくれました。馬場状態が読めなかったので、枠は気にせず、いい流れで持っていこうと、そこを重視しました。いいポジションにハマったので、あとは馬の力を信じていきました。かわしてから長く感じましたが、一生懸命走ってくれてありがたい。まだ完成形じゃないし、この先も楽しみが広がる素晴らしい馬です」

★【小倉2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • デビュー3連勝で小倉2歳Sを制したマイネルグリット
  • デビュー3連勝で小倉2歳Sを制したマイネルグリット
  • デビュー3連勝で小倉2歳Sを制したマイネルグリットと鞍上の国分優作騎手
  • デビュー3連勝で小倉2歳Sを制したマイネルグリットと鞍上の国分優作騎手
  • マイネルグリットを小倉2歳S優勝に導いた国分優作騎手と笑顔の吉田直弘調教師(右)
  • 小倉2歳Sを制したマイネルグリットと吉田直弘調教師
  • デビュー3連勝で小倉2歳Sを制したマイネルグリット
  • 小倉2歳ステークスを制した国分優作騎手とプレゼンターの城田優
  • 国分優作騎手(左)とプレゼンターをつとめた俳優の城田優(右
  • 2着に敗れたトリプルエース
  • 5着に敗れたカイルアコナ