中央競馬:ニュース中央競馬

2019.8.16 05:08

【札幌記念】波乱の使者、クルーガー急浮上!(1/2ページ)

道悪に実績があるクルーガー。天国の父に重賞タイトルを届けたい(撮影・浅野一行)

道悪に実績があるクルーガー。天国の父に重賞タイトルを届けたい(撮影・浅野一行)【拡大】

 今週の札幌メインは、サマー2000シリーズ第4戦の札幌記念。GI馬4頭が出走する豪華メンバーだが、台風の影響で馬場が渋ればクルーガーが急浮上だ。パワータイプの道悪巧者。9日に死んだ父キングカメハメハに、北の大地から重賞タイトルを届ける。

 西日本に上陸した台風10号はそのまま北上し、週末の札幌にも大きな影響を与えそうだ。金曜午後から土曜午前にかけて傘マークが並び、日曜の札幌記念も、湿ってタフな馬場状態での戦いになる公算が大きい。

 となると、急浮上するのがクルーガーだ。重・不良の芝で走ったのは2回だけだが、富士S3着、ドンカスターマイル(豪GI)4着とハイレベルな一戦を、ともに休み明けで好走した。今回の札幌で世話役を務める松井助手もパワータイプであると認める。

 「ダートでデビュー(新馬戦2着、未勝利1着)したくらいですからね。パワーがあるから道悪は心配していない。それでいて動かすと瞬発力があるし、乗りやすくて手も掛からない。弱点らしい弱点がないと思う」

 弱点がない-とは、まさにドイツ語で“賢者”と名付けられたクルーガーにふさわしい。

【続きを読む】