中央競馬:ニュース中央競馬

2019.7.31 16:18

【レパードS&小倉記念】レースの注目点(1/3ページ)

ジャパンダートダービー2着など実績最上位のデルマルーヴル

ジャパンダートダービー2着など実績最上位のデルマルーヴル【拡大】

★ダート路線の出世レース 今年はデルマルーヴルなど20頭が登録/レパードS

 レパードSは、過去の優勝馬にJRAダートGIで4勝を挙げたトランセンド、統一ダートGIで10勝を挙げたホッコータルマエなどが名を連ねている。また、優勝馬以外からもワンダーアキュート(2009年5着)、ケイティブレイブ(2016年2着)などが後に統ーダートGIを制しており、ダート路線を占う重要なレースとなっている。

 今年のレパードSには、ジャパンダートダービー2着のデルマルーヴル(牡、美浦・戸田博文厩舎)、前走で2勝クラスを勝ち上がったアッシェンプッテル(牝、栗東・奥村豊厩舎)、サトノギャロス(牡、栗東・西園正都厩舎)、ブラックウォーリア(牡、栗東・西村真幸厩舎)、ブルベアイリーデ(牡、栗東・杉山晴紀厩舎)など20頭が登録しているが、ダート路線の出世レースを制すのはどの馬だろうか。

★収得賞金900万円組の抽選確率は「12分の8」 ハヤヤッコ白毛馬初のJRA重賞Vなるか/レパードS

 レパードSはフルゲート15頭で争われるが、7月29日現在、収得賞金上位のアッシェンプッテル(牝、栗東・奥村豊厩舎)、ヴァイトブリック(牡、美浦・和田正一郎厩舎)、サトノギャロス(牡、栗東・西園正都厩舎)、デルマルーヴル(牡、美浦・戸田博文厩舎)、ビルジキール(牡、栗東・安達昭夫厩舎)、ブラックウォーリア(牡、栗東・西村真幸厩舎)、ブルベアイリーデ(牡、栗東・杉山晴紀厩舎)の7頭は出走可能となっており、残る8頭の出走馬は収得賞金900万円の12頭による抽選で決定する。

 抽選対象馬のうち、ハヤヤッコ(牡、美浦・国枝栄厩舎)には白毛馬初のJRA重賞制覇がかかる。同馬の母マシュマロはJRA重賞には出走していないが、交流重賞の関東オークスで5着に入っている。

 なお、ハヤヤッコの鞍上にはラジオNIKKEI賞、プロキオンS、アイビスSDとJRA重賞騎乗機会3連勝中の田辺裕信騎手が予定されている。また、ゲンパチルシファー(牡)を管理する佐々木晶三調教師は、新潟を除く9場でJRA重賞を制しており、「12分の8」の抽選を突破して史上7人目のJRA全10場重賞制覇を成し遂げられるか注目される。

【続きを読む】